大手ハウスメーカー10社の保証・アフターサービスをプロ目線で徹底比較!

<記事の情報は、2021年7月1日時点のものです>

一生の買い物である夢のマイホーム。

大きな決断と高いお金を出して買うのですから、できるだけ長く安全に住み続けたいとお考えではありませんか?

購入にした住宅に欠陥や不具合があった場合に、ハウスメーカーが修繕やメンテナンスを行ってくれる保証サービスがあります。

家族が安心して暮らしていくためには、価格や性能だけでなく、この住宅保証をよく見極めることが大切です。

そこで今回は、大手ハウスメーカー10社の保証内容の違いについて紹介します。

これからマイホームを買おうと思っている人や、いま契約中の住宅保証の内容を比較したい人は、ぜひ参考にしてください。

また、本文に入る前に、あなたに一つ質問です。

「注文住宅を建てる際に最も重要なことは何だと思いますか?」

資金計画や土地探し、理想の間取りやデザインなどを決めるなどを思い浮かべる人も多いと思います。

結論として、もっとも注文住宅を建てる上で大切なのは「住宅メーカー選び」です。

「住宅メーカー選び」ですべてが決まってしまうと言っても過言ではありません。

住宅メーカーの数が多すぎるがゆえに、深く考えずにCMなどで聞いたことのある大手に決めてしまったり、たまたま足を運んだ住宅展示場で見つけた会社に依頼してしまう人は少なくありません。

ただ、全国には多数の特徴をもった住宅メーカーが存在します。

多くの人が知っているいわゆる「ハウスメーカー」だけでなく、比較的低価格で依頼できる「工務店」、デザイン性や間取りの柔軟性が高い「設計事務所」など様々です。

十分に比較検討せず依頼する会社を決めてしまうと、「もっと安くてもっと条件にあう会社があったのに・・・」と、一生後悔することになりかねません。

 

「そんなことを言っても、無数にある住宅メーカーの中からピックアップして比較していくなんて不可能だよ・・・」

 

と感じる人もいるでしょう。

そういった人にぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業の「LIFULL」とリクルートが運営する「SUUMO」のカタログ一括請求サービスです。

↓ ハウスメーカーの一括請求はLIFULL ↓

↓ 工務店のカタログ一括請求はSUUMO ↓

あなたが家を建てる予定のエリアとこだわりの条件を選択するだけで、条件にあった住宅メーカーを自動でピックアップしてくれます。

自分で条件にあった会社を調べる必要がなく、どちらも完全に無料で利用できるので、簡単に比較検討すべき会社を見つけられます。

LIFULLは『ハウスメーカー』が中心、SUUMOは『工務店』を中心にカタログを取り寄せられるので、どちらも併用することでより理想に近い住宅メーカーに出会える可能性が高まります。

また、カタログを請求する時のポイントは、「有名・無名などで選り好みせず、ひとまず条件にマッチした会社のカタログは取り寄せてみる」ことです。

まったく聞いたことの無かった会社の中に、求めていた条件とぴったり一致する会社があったという人も珍しくありません。

条件に合った会社を0からピックアップする手間は無くして、取り寄せた会社の中からあなたの理想にマッチした会社をしっかり比較検討することで、後悔しないマイホームづくりが実現できますよ。

HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる⇒

それではここから、本文に入っていきます。

保証サービスは法律で決められている?瑕疵担保責任って何?

新しく家を購入しても、雨漏りやシロアリのような「ここに欠陥があると住み続けることができない」というような主要部分に欠陥があったら、困るどころの話ではありません。

そのため不動産会社には、家という高額な商品を購入した場合は、主要部分の欠陥を補償することが義務付けられています。

このような保証を瑕疵担保責任と言い、不動産会社が購入者に対して負わなければいけない責任です。

法律ではこのような瑕疵担保責任の最低期間が10年間と定められています(品確法 88条)。

一般消費者は住宅の欠陥を見つけてから10年間、販売者に対して「無料で補修してくれ」と請求する権利があります。

「家は売るけど、瑕疵担保責任は一切負いません」という特約を契約書で交わしても、販売業者は瑕疵担保責任を負わなければいけないと法で定められています。

「最低10年」ですのでこれ以上長期間の保証でも問題ありませんが、10年を下回ることは法律で認められていません。

また、この10年の間に業者が倒産してしまった場合でも保証が受けられるように業者には保険加入や供託が義務付けられています。

このように戸建てを購入した場合、ハウスメーカーは購入者に対して責任を負います。

戸建ては買うまでが大切ではなく、購入した後のサービスも重要だということを知っておきましょう。

HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる⇒

ハウスメーカー保証はなぜ必要?どう選んだらいい?

10年間の瑕疵担保責任はどの業者に対しても義務付けられているため、ハウスメーカーによる違いはありません。

ハウスメーカーごとの保証で違いが出てくるのは、メーカー独自の保証やアフターサポートの内容です。

ハウスメーカー保証はなぜ必要か?

近年の一戸建ては一昔前とは異なり、性能も品質も格段に向上しています。

そのため、10年程度で不具合が出ることは稀です。

経年劣化とともにメンテナンスや修理が必要となってくるのは、法律で定められた10年保証の期間を超えてからというのが実際のところです。

そのため、それぞれのハウスメーカー独自の保証やアフターサービスが重要になってくるのです。

ハウスメーカー保証を選ぶ時の注意点

ハウスメーカー独自の保証やサポートでは、以下のようなものがよく挙げられます。

  • 定期点検
  • 〇十年の長期保証
  • シロアリ保証
  • 地盤保証
  • 設備保証
  • カスタマーセンター対応

保証期間が長ければ長いほど安心です。

しかし、長期保証を謳っている場合に注意したいのがその「条件」。

大抵の場合が、「有償の点検/メンテナンスを行うことによって〇年延長」という条件がついています。

つまり、最初から30年や60年、何もしなくても保証が付いている訳ではないことがほとんどであることに注意しましょう。

10年毎に有償のメンテナンスをすることで更に10年保証が延長される、といったパターンが多いようです。

こうしたメンテナンスは住んでからかかるランニングコストに含まれますから、初めに金額や条件を確認し計画に組み込んで置くことが大切でしょう。

ハウスメーカー保証を大手各社ごとに比較検証

それでは、ハウスメーカーの保証内容と違いについてみていきましょう。

ハウスメーカーが提供している保証サービスは、それぞれ内容が異なります。

そのため、保証内容から戸建ての契約を選ぶのもひとつの手段です。

保証内容で重視すべきことは、保証の期間だけでなくメンテナンスに対応してくれるのか、点検は定期的にしてくれるのかという点です。

そこで、新築戸建て建設売上が多いハウスメーカーの保証サービスはどう違うのか、大手10社をピックアップし保証内容をまとめてみました。

  1. ダイワハウス
  2. 積水ハウス
  3. 住友林業
  4. 住友不動産
  5. 旭化成ホームズ
  6. セキスイハイム
  7. パナソニックホームズ
  8. 一条工務店
  9. 三井ホーム
  10. タマホーム

順に見ていきましょう。

1.ダイワハウスのAQサポート

大阪に本社があるダイワハウスは、店舗数が全国で3万3,293店舗もあるハウスメーカーの中でも最大手の企業になります。

ダイワハウスのラインナップは、耐震性のある軽量鉄筋造りのxevo(ジーヴォ)シリーズや、緑が多い分譲地セレキュアなどが有名です。

そんなダイワハウスは、「AQサポート」という保証・点検プログラムを用意しています。

保証の内容は、雨漏りや柱などの不具合など、家の主要な部分の修繕をする初期保証を30年間保証してくれるというサービスです。

また、不具合があるかどうかという無料点検や診断を30年間行ってくれます。

ダイワハウスが提供する保証サービスの大きな特徴は、他社と比較すると保証期間が長いという点です。

築60年経過した後も、耐久診断や点検を行ってくれるサービスがあるため、契約後のメンテナンスをすべてお任せできるというメリットがあります。

  • 初期保証 30年(有料メンテナンスにより15年ごと延長・60年以降も診断・保証あり
  • シロアリ・住宅設備 10年保証
  • 無料点検 30年(以後有料点検)
  • コールセンター 24時間365日受付
  • オーナー専用サイトあり

2.積水ハウスのユートラスシステム

積水ハウスも大阪に本社があるハウスメーカーです。

積水ハウスは積和不動産や積水ハウスリフォームなど関連会社がたくさんありますが、戸建て販売店舗だけでも全国に100カ所展開されています。

そんな積水ハウスで提供しているのは、「ユートラスシステム」という保証サービスがあります。

ユートラスシステムとは、家の主要な部分の欠陥や雨漏りなどの修繕保証を30年間行ってくれるサービスです。

また、この保証期間中は定期的なメンテナンスが受けられます。

購入した人が気づかないような瑕疵を発見してくれたり、今後の修繕アドバイスを受けられたりするため、結果として家の寿命を伸ばすことができます。

  • 初期保証 30年(有料点検・工事により10年毎延長)
  • 無料点検 30年
  • カスタマーセンター 24時間365日受付
  • 家の補修履歴管理「いえろぐ」

3.住友林業のロングサポートシステム

住友林業は、東京に本社を置き関東や関西を中心に展開している会社です。

戸建て住宅販売やリフォーム事業のような不動産部門のほかに国内外で緑化活動や環境エネルギー事業も行われています。

そんな住友林業では、戸建て購入後から30年間瑕疵を保証してくれるアフターサービス「ロングサポートシステム」が提供されています。

定期点検期間が3ヵ月・1年・2年・5年と計細かく設定されており、初期保証の30年が経過したあとでも、保証期間を延長することが可能です。

また、このような補修以外にも建具の不具合やリフォームの相談ができるコールセンターを24時間利用できたり、住宅の手入れ方法を紹介している住まいイベントに参加できたり、快適な家を維持し続けるお役立ちコンテンツが豊富に用意されています。

  • 初期保証 30年(10年毎に最大60年目まで延長)
  • 無料点検 60年(延長保証を利用した場合)
  • コールセンター 24時間365日受付
  • オーナー専用サイトあり

4.住友不動産の30年保証システム

住友不動産は東京に本社があり、全国に268店舗の直営店を置いています。

地震や火災に強い木の家やグッドデザイン賞を受賞したモダンなプレミアム住宅を販売している特徴があります。

そんな住友不動産で提供しているサービスは、「30年保証システム」というメンテナンスプログラムです。

家の引渡し後から定期的に防水やシロアリ、屋根や外壁点検が10年間行われ、そこから保証を20年間延長させることができるシステムを導入しています。

また、住友不動産では様々な瑕疵保証サービスを実施しており、クッキングヒーターや化粧台の設備点検を実施してくれる保証も用意されています。

  • 初期保証 10年(有料メンテナンス工事により10年ごとに最大30年目まで延長)
  • 無料点検 30年(延長保証を利用した場合)
  • コールセンター 24時間365日受付

5.旭化成ホームズのロングライフプログラム

旭化成ホームズは東京に本社を置き、主に首都圏や関西圏を中心に事業展開しています。

耐火性や調湿力がある軽量コンクリートを駆使したヘーベルハウスが有名です。

旭化成ホームズでは、60年間点検を実施してくれるロングライフプログラムという保証サービスが提供されています。

特徴は初期保証が30年間と他社と比較しても長いという点です。

また、旭化成ホームズでは他に様々な保証サービスも用意されています。

一定条件を満たした場合は、住宅設備保証というエアコンや給湯器の不具合を修理するロングライフ住宅設備保証という保証制度も利用可能です。

  • 初期保証 30年(有料メンテナンスにより最大60年まで延長)
  • 設備保証 10年(住居部分に設置された設備)
  • 無料点検 60年
  • コールセンター 24時間365日受付

6.セキスイハイムの長期サポートシステム

セキスイハイムは、大阪に本社を置く積水化学工業の主力商品のひとつです。

同社の商品では、木構造のツーユーホームなどがあります。

セキスイハイムでは、30年間の長期保証制度と、60年間無料で定期診断が受けられる60年間長期サポートシステムが利用できます。

引き渡しから2年目までの3回、5年目以降は5年毎に60年目まで無償で定期診断を行います。

また、住宅の部品をスタックシステムという部材データ管理しているため、不具合が生じた部品を使用している住宅をすぐに確認することが可能です。

  • 保証 最長30年(定期点検・メンテナンスを受ける必要あり)
  • 無料点検 60年
  • コールセンター 24時間365日受付
  • オーナー専用サイトあり
  • 部材等の情報管理システム

7.パナソニック ホームズの生涯おつきあい

パナソニックホームズは、大阪に本社があるパナソニックグループのハウスメーカーです。

子育て世代のために学研と提唱している「こどもっと」や、ペットと快適な生活を送れる家「with pet」などターゲット層に合わせた住宅のラインナップが充実しています。

そんなパナソニックホームズが提供しているのは、「生涯おつきあい」という60年間長期保証サービスです。

20年間の初期保証が終了すると、残り40年ほど保証契約を延長させることができます。

また、外観を美しく維持するための設備点検や家族構成が変更したことによるリフォームなど、長期にわたり快適な生活を送ることができるようアフターサービスが容易されています。

  • 初期保証 35年(沖縄県は20年。有料メンテナンスにより最大60年まで延長)
  • 初期保証 20年(35年保証の対象外の建物。有料メンテナンスにより最大60年まで延長)
  • 無料点検 35年(初期保証20年の場合は20年の無料点検。最長60年目まで有料点検あり)
  • コールセンター 24時間365日受付
  • オーナー専用サイトあり
  • その他、お見舞金、設備修理費サポートなどの特典あり

8.一条工務店の「30年の長期保証」

一条工務店は、東京に本社をおき全国460店舗展開しているハウスメーカーです。

ヨーロピアン風のデザイン住宅や屋根上に太陽光発電を設置する夢発電システムなどがあります。

一条工務店では、30年の長期保証というメンテナンスと保証サービスがあり、引渡しから10年後と20年後に住宅の定期メンテナンスの後、10年間の延長保証が受けられるという内容です。

また、アフターサポートセンターが開設されており、メンテナンスの手配や修繕相談などを受け付けています。

  • 初期保証 10年(無料点検・有料メンテナンスにより最大30年まで延長)
  • 無料点検 20年
  • コールセンター 9時~17時
  • オーナー専用アプリあり(発電量のチェック、修理依頼など)

9.三井ホームのGood Stock

三井ホームは、東京に本社がある三井不動産の子会社です。

木の特性を活かし耐震性や強度を重視するツーバイフォー構造や、天井が高いラングレーの家など、心地よさや空間を大切にする商品がラインナップされています。

そんな三井ホームが提供する保証サービスには、「Good Stock(グッドストック)」というアフターメンテナンスがあります。

引渡し後10年間メンテナンス工事をサポートしてくれる「キープウェル」は、10年おきに家の点検が実施され、その後60年まで保証を延長させることも可能です。

さらに、グッドストックには他に様々な保証制度が用意されており、自宅を売却するときに建物を再保証する「リ・ブライト」などもあります。

  • 初期保証 10年(点検・有料メンテナンスにより最大60年まで延長)
  • 無料点検 30年(最大60年まで有料点検あり)
  • コールセンター 24時間365日受付
  • 売却安心システムなどあり

10.タマホームの最長60年長期保証・点検

タマホームは、東京に本社があり全国に支店とモデルハウスを設置しています。

スマートフォンで電化製品を遠隔操作できるi TamaHomeや、屋根や外壁のパーツを自由にセレクトできる大安心の家などが有名です。

タマホームには、「最長60年長期保証・点検」という60年間保証と点検をしてくれる長期サポート保証システムがあります。

エコや耐震性を兼ねそろえた長期優良認定住宅を建築し10年おきの有償工事を行った場合、無償点検期間が最長で60年に延長されます。

他のハウスメーカーと比べると点検の頻度が早く、引渡し後の3ヵ月には、はじめの点検が行われるという保証内容です。

また、地盤沈下などが起こる事態に備えた保険も用意されています。

  • 初期保証 10年(有料メンテナンスにより10年毎に最大60年まで延長)
  • 無料点検 60年(保証延長を利用した場合)
  • 地盤・シロアリ保証 10年
  • オーナー専用サポートあり

このように、ハウスメーカーによって保証期間やその後の延長サービスの条件が異なります。

戸建てを購入する際には、保証サービスの内容と違いを把握し、アフターサポートが充実しているという点も購入時の条件として検討していきましょう。

HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる⇒

木造住宅の耐用年数は22年

ここまで、大手ハウスメーカーの保証について紹介してきました。

大手では長期保証してくれるメーカーが多いため、「どこを選んでも変わらないのでは?」「そんな先のことまで考えなくてもいいんじゃないのか」と迷ってしまうかもしれません。

住宅用の木造住宅の法定耐用年数、いわゆる寿命は22年とされています。

これは計算上の話ですが、実際にも住まいが傷み始めるのは10年を過ぎて20年が経過するころからが多いと言われています。

瑕疵担保責任履行措置の初期保証期間は10年と設定されているため、建築されてから20年が経過した後のことも考えて保証を選んでいくことが大切です。

家は、屋根や外壁のような温度差を感じやすい場所から傷み始めます。

このような個所は普段目に見えないため、住んでいる人も気づかないうちに劣化していくでしょう。

そのため、世代を超えて家を守り続けていきたい場合には、長期的な視点で選択していく必要があります。

まとめ

新築の家を購入するとき、ハウスメーカーでは瑕疵担保責任を負う義務があります。

引き渡しから10年間、主要部分に欠陥があった場合には、物件を修繕しなければいけません。

大手ハウスメーカーの保証サービスを選ぶときには、主要部分のメンテナンスに関しては10年以上保証してくれるのか、無償で請け負ってくれるのかを確認することが大切です。

また、10年経過した後はどのように保証してくれるのか、10年後は有料保証になるのかなど、無償の初期保証期間を過ぎた後のこともよくチェックしてみましょう。

HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ マイホーム購入で後悔しない為に! /