クレバリーホームに悪い評判・口コミはある?坪単価や平屋の特徴、間取りの自由度も紹介

<記事の情報は、2021年7月1日時点のものです>

ハウスメーカーはCMの印象が強いことが多いですが、クレバリーホームもその1つ。

CMの最後の“クレバリーホーム♪”というメロディが浮かびます。

では、クレバリーホームとはどのような会社なのでしょうか。

クレバリーホームという単体の住宅メーカーではなく、千葉県に本社のある株式会社新昭和のフランチャイズチェーンがクレバリーホームです。

今回は、クレバリーホームの詳しい情報、クレバリーホームの坪単価を始め、特徴をご紹介してまいりましょう。

また、本文に入る前に、あなたに一つ質問です。

「注文住宅を建てる際に最も重要なことは何だと思いますか?」

資金計画や土地探し、理想の間取りやデザインなどを決めるなどを思い浮かべる人も多いと思います。

結論として、もっとも注文住宅を建てる上で大切なのは「住宅メーカー選び」です。

「住宅メーカー選び」ですべてが決まってしまうと言っても過言ではありません。

住宅メーカーの数が多すぎるがゆえに、深く考えずにCMなどで聞いたことのある大手に決めてしまったり、たまたま足を運んだ住宅展示場で見つけた会社に依頼してしまう人は少なくありません。

ただ、全国には多数の特徴をもった住宅メーカーが存在します。

多くの人が知っているいわゆる「ハウスメーカー」だけでなく、比較的低価格で依頼できる「工務店」、デザイン性や間取りの柔軟性が高い「設計事務所」など様々です。

十分に比較検討せず依頼する会社を決めてしまうと、「もっと安くてもっと条件にあう会社があったのに・・・」と、一生後悔することになりかねません。

 

「そんなことを言っても、無数にある住宅メーカーの中からピックアップして比較していくなんて不可能だよ・・・」

 

と感じる人もいるでしょう。

そういった人にぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業の「LIFULL」とリクルートが運営する「SUUMO」のカタログ一括請求サービスです。

↓ ハウスメーカーの一括請求はLIFULL ↓

↓ 工務店のカタログ一括請求はSUUMO ↓

あなたが家を建てる予定のエリアとこだわりの条件を選択するだけで、条件にあった住宅メーカーを自動でピックアップしてくれます。

自分で条件にあった会社を調べる必要がなく、どちらも完全に無料で利用できるので、簡単に比較検討すべき会社を見つけられます。

LIFULLは『ハウスメーカー』が中心、SUUMOは『工務店』を中心にカタログを取り寄せられるので、どちらも併用することでより理想に近い住宅メーカーに出会える可能性が高まります。

また、カタログを請求する時のポイントは、「有名・無名などで選り好みせず、ひとまず条件にマッチした会社のカタログは取り寄せてみる」ことです。

まったく聞いたことの無かった会社の中に、求めていた条件とぴったり一致する会社があったという人も珍しくありません。

条件に合った会社を0からピックアップする手間は無くして、取り寄せた会社の中からあなたの理想にマッチした会社をしっかり比較検討することで、後悔しないマイホームづくりが実現できますよ。

HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる⇒

それではここから、本文に入っていきます。

関連記事→人気ローコスト住宅ハウスメーカーおすすめランキング20選を徹底比較

クレバリーホームの坪単価は?

クレバリーホームの坪単価は他社よりも比較的安く、目安として45万円~65万円となっています。

調べて見ますと、2014年から2016年までのクレバリーホームの坪単価は、50万円台で推移していました。

大体50万円前後と思って間違いないようです。

1.家のタイプは7種類

クレバリーホームの家のタイプには7種類があります。

それは、狭小住宅・3階建て住宅・二世帯住宅・地下室付き住宅・屋上付き住宅・木造耐火住宅・鉄骨・RC住宅の7つです。

お客様第一の目線で考えられており、例えば狭小住宅の場合のクレバリーホームのコンセプトは、“10㎝も無駄にしない設計を徹底”。

最近のリフォーム番組でも狭小住宅は、いかに有効にスペースを使うかにかかっています。

クレバリーホームの狭小住宅の家づくりは、僅か10㎝の違いが住み心地を変えることとして徹底しているという訳です。

また、横を広げる訳にはいきませんから、縦の広がりを上手に活用する3Dプランニングも。

このようにクレバリーホームは、1つ1つタイプごとにこだわりを持った高い設計力を誇っています。

2.プレミアム・ハイブリッド構法

災害の多い日本となっている今からは、特に家の構造の中で耐震性は一番に考えなければならないポイント。

プレミアム・ハイブリッド構法とは、SPG構造とモノコック構造の2つを組み合わせた地震に強い構法です。

SPG(ストロング・ポスト・グリッド)構造は、従来の1階と2階を繋ぐおよそ4本の通し柱ではなく、その2~3倍の通し柱にすることによって、強固な構造躯体を実現。

モノコック構造は、従来の激しい揺れにもろくねじれてしまう工法から床・壁・天井の6面体で、災害からの外力を吸収し、横への抵抗力を高めるものです。

3.高精度HSS金物使用

クレバリーホームでは接合強度のために、高精度HSS金物を使っています。

コンパクト化されているのに、柱や梁の欠損量を最小限に抑えながら強度を高めています。

このHSS金物自体、公的機関にも認められた信頼ある品質なのです。

他にも随所にハリケーンタイ、火打ち金物、鋼製束、マークアンカーボルトなどの金物を配置することで住まいの強度をアップ。

クレバリーホームは、地震、台風などの災害に強い家づくりを追求し続けています。

4.美しい外壁タイル

クレバリーホームの外壁タイルは、長く美しく、劣化がほとんど見られない高い耐候性を持つ外壁タイルを採用。

自然素材の外壁材を使用しているので、劣化だけでなく変色も変質もしにくいことが特徴。

耐汚性にも優れ、汚れが付着しにくく雨と一緒に流れるという親水機能あり。

また、耐水性や耐傷性にも対応して、雨にも強い、傷にも強い、だからクレバリーホームの外壁タイルによって、外観の美しさを長くキープすることが出来るのです。

5.基礎構造

何事も土台が大事と言われるように、見えない部分に力を入れてこその安心・安全の家づくりと言えます。

クレバリーホームの基礎構造のポイントは、ただ1つ強固であること。

面で支えるベタ基礎の採用。

また、基礎と土台を強固にするマークアンカーボルトを使用。

クレバリーホームでは先ほどもありましたように金物に力を入れている訳ですが、土台部分にも基礎と構造躯体をしっかりと繋ぎ留め耐えることの出来る柱脚金物が使われています。

6.機密・断熱性

クレバリーホームの外壁へのこだわりは断熱性にも表れています。

クレバリーホームの断熱材は、無機質繊維系断熱材マットの100㎜を使用。

外壁において隙間なく断熱材が入ることは、断熱性能をより高めることになるのです。

また、室内側にペーパーバリアシート(気密シート)を採用。そして窓にもこだわりが。

断熱性・遮熱性を秘めたアルゴンガス入りLow-E複層ガラスが使われています。

熱の放射量を軽減する働きを持つことで、冷暖房効率がアップ。

アルミ樹脂複合サッシにより、頭を悩ませる結露の発生も防ぎます。

断熱性だけでなく気密性にもこだわっているのが、クレバリーホームの大きな特徴です。

7.耐火性・防火性

住宅にとって火災も脅威の1つ。クレバリーホームでは使用している木材自体が強い耐火性を持つものが選ばれています。

外壁のベースとなるタイルベースには、800℃の高温(20分くらい)にも耐えられ、内側に手が当てられるほどの安心構造。

延焼を防ぐためにファイヤーストップ構造も採用。

クレバリーホームの火災に対する思いは、火災発生から20分が決め手をスローガンとして徹底した対策が成されています。

8.空気環境

健康に配慮した体に優しい空気環境もクレバリーホームでは実現しています。

PM2.5対応全熱交換型24時間換気システム採用。

DCモーターが搭載されているので、熱ロスを抑え電力消費量は約75%カット。

そして、高性能フィルターが花粉やウィルス、PM2.5などをシャットアウト。

シックハウス症候群が問題視されている中、クレバリーホームはそこにも着目して考えられた家づくりが成されています。

全ての部材にシックハウス症候群の原因とされる、ホルムアルデヒドなどの放散量において規格上位(F★★★★エフフォース)をクリアしたもののみを採用。

クレバリーホームでは、家族が安心して快適に過ごせる環境の工夫が至る所に見られます。

9.騒音対策

今や騒音問題は深刻なご近所トラブルに発展するもの。

クレバリーホームでは、先ほどの優れた断熱材を始め、外壁構造が多層になっているので遮音性能が高くなっています。

室外だけでなく室内も、日々の生活音を抑えた静かな暮らしの工夫あり。

天井裏への吸音材施行を始め、床下の防振吊木が設置されることで2階への足音を軽減。

また、水回りの音対策は防音排水管を使うことで、上下トイレの排水音を抑えたりと、さまざまな工夫を実現しているのです。

10.商品ラインアップ

クレバリーホームでは次のような充実した住宅商品があります。

・トップグレードモデル Vシリーズ:理想を追い求めた先にある住まい
・CXシリーズ:人気No.1モデル
・RXシリーズ:20周年記念モデル
・スマート・エブリ・ゼロ:自然との共生を盛り込んだ商品
・madoi(マドイ 円居):二世帯住宅
・shufule(シュフレ):女性目線の子育て応援住宅
・KiRaRa(キララ):女性に嬉しい家事が楽になるキレイ続く住宅
・LXシリーズ:都市型3階建て住宅
・平屋住宅

11.長期メンテナンス保証

クレバリーホームは30年の保証が約束されています。

アフターサービス・メンテナンスフォローも充実しており、6カ月・12カ月・24カ月・5年(以降5年ごと)の定期訪問。

基本的な保証として、構造躯体・防水機能・白蟻防除が10年。

構造躯体と防水機能は10年ごとに有償メンテナンス実施。

白蟻防除は5年ごとの有償メンテナンスとなっています。

HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる⇒

まとめ

クレバリーホームは、末永い美しい外観を目指すために外壁タイルへのこだわりが強いことが一番のこだわりと感じます。

外壁タイルの強さに集約されており、今回取り挙げました特徴にほぼ当てはまるのではないでしょうか。

ハウスメーカーの中では低価格でありながら、充実した機能、工夫で理想の家づくりを目指すクレバリーホーム。

これから新しい住宅を考えられている方、クレバリーホームも検討の1つに入れませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ マイホーム購入で後悔しない為に! /