安い家を建てるための5つのポイント-できるだけコストを抑えて家を建てる方法

「コストを抑えるためできるだけ安い家に住みたい」

「コストダウンしたいけど、安全な家にするにはどうしたら?」

安い家に住むためにはどのように設計を依頼すればいいのか、また安い家でも頑丈で安心できる家に住みたいとお考えではありませんか?

家は土地の坪単価のほか設計や注文具合によって価格が異なるため、「お金がかからない家」にするにはどうしたらいいかポイントを抑えておけば、家の建設コストを削減することが可能です。

逆にいうと、削減できるポイントを知らなければ相場よりも価格が高くなってしまうかもしれません。

そこで今回は、安い家を建てるための5つのポイントを紹介します。

できるだけ費用を抑えて家を建てたい人は参考にしてみてください。

無駄使いを減らそう!建築費用を抑えるためのポイント5つ

家を安く建てるには、材料費を抑えたり設備を減らしたりする方法があります。

しかし、家族が長年にわたって安全に暮らしてくためには、安易に家の造りを疎かにはできません。

安く安全に家を建てるためには、無駄にコストをかけてしまうポイントを知っておきましょう。
建築費用を抑えるためには、以下のようなポイントがあります。

  • ポイント1.角を少なくする
  • ポイント2.材質を揃える
  • ポイント3.水回りを集約する
  • ポイント4.間取りをシンプルにする
  • ポイント5.和室よりも洋室へ

ここからは、上記のポイントについて詳しく紹介していきます。

ポイント1.角を少なくする

家をどのような形にするかで価格が大きく変わるため、コストカットするのであれば設計段階で削減について十分な打ち合わせが必要です。

一番安いのは真四角の家で、L字型の家やコの字型のように角を増やすと価格が高くなります。

同じ床面積でも角を増やすことで建材が増えてしまい、その分建築費用が高くなるため注意が必要です。

1階の床面積を広くすると価格が高くなるため、同じ部屋数でも平屋や部分2階建てよりも、1階と2階の形が同じ総2階建ての方がコスト削減となります。

また、シンプルな真四角の家はコスト削減だけでなく、構造も強化されるため、耐震性も高くなるというメリットもあります。

ポイント2.メーカー設備は避ける

システムキッチンやユニットバス、トイレやサッシなどの設備費用でコスト削減することが可能です。

設備機器の中にはほぼ性能が同じでも、メーカー製品は価格が高くなる傾向があります。

また、基本的な性能は同じでもデザイン性の高いものやスマート家電などは高額です。

目新しい高機能な製品でも、実は使い道がなく、宝の持ち腐れになるということもあります。

そのため、設備用品を選ぶときは、性能をリサーチして、生活に必要な機能と妥協できるポイントを家族で話し合ってから商品を選ぶようにしましょう。

たまに、施工会社が取引している設備会社から安く商品を譲ってもらえることがあるので、設備に関しても施工担当者とよく相談してみてください。

ポイント3.水回りを集約する

水回りを集約することで、給排水配管の設置コストを削減することができます。

キッチンやバスルーム、トイレを集約し、配管を一か所にまとめましょう。

トイレを1階と2階に設置する場合には、1階と2階でトイレの場所を上下合わせ、できるだけ近い位置に設置するとコストを削減することが可能です。

配管が近い位置にあれば後々メンテナンスもしやすくなり、修繕費用も抑えられます。

また、水回りを集約することで動線がつながりやすくなり、毎日の家事が楽になります。

水回りの集約はコスト面だけでなく、生活の楽になるため、ぜひ検討してみてください。

ポイント4.間取りをシンプルにする

ドアや間仕切りを減らせば、コスト削減することが可能です。

ドアや間仕切りは建材を多く使うため、建築費用が高くなります。

部屋数が多い家よりも1部屋を大きくすれば、コストの削減だけでなく解放感あふれる家となるでしょう。

小さな子供がいる場合、可動式の壁を設置して空間を区切り、大きくなったら仕切り壁を外し、リビングを広くするなど、将来的なことを考えて設計していきましょう。

また、収納スペースを小分けすると、扉や内棚をつくるために建材を多く使ってしまいます。

収納棚の扉を失くしたり、大きな納屋やウォークインクローゼットをつくり収納スペースも集約したりするとコスト削減が可能です。

ポイント5.和室よりも洋室へ

日本人にとって落ち着く空間である和室。畳に寝転がったり、客人を迎える応接間にしたりなど、和室があるだけでも高級感のある家造りが可能です。

和室は使用する木材も多く、洋室よりも造りが複雑化しているため、費用が割高になります。

和室の畳はフローリングよりも床を掘り下げる必要性があることや、鴨居や欄間は装飾が必要なため、工賃が高くなります。

また、畳やふすま、障子などは定期的なメンテナンス費用が必要です。

さらに和室は畳にダニが発生しやすくなるため、念入りに掃除機で清掃する必要がありますが、フローリングはクイックルワイパーなどで手早く掃除できます。

どうしても和室を作りたいときは、ガラス製の障子にしたり、塗り壁をやめて和洋のクロスにしたり、床の間をなくしたりするなど、シンプルな和室を注文してみましょう。

また、洋室に畳のカーペットを敷き、和室のような造りに魅せることも可能です。

和室は畳に膝を折って座るため、足腰が弱まる高齢者には負担をかける可能性もあります。

和室は日本人にとってリラックスできる空間ではありますが、加齢とともにいずれリフォームすることもあるかもしれません。

数年後の家族構成も視野に入れ、和室を作るかどうか検討していくことが大切です。

費用を抑えることで失敗してしまうポイント3つ

ここまで、安い家を造るためにコストカットすべきポイントを紹介してきました。

家族が安心して安全に暮らすためには、コストカットしてはいけない部分もあります。

家は末永く暮らしているために必要です。長い間住み続けるために、削減してはいけない個所を知っておきましょう。

削減してはいけない個所は以下になります。

  • 地盤改良費
  • 住宅保証
  • 断熱材

そこで、費用を抑えることで失敗してしまうポイントについて具体的に紹介していきます。

ポイント1.地盤改良費

安全な家を建てるためには、頑丈な地盤が必要です。

そのため、これから家を建てようとする土地が家を支えるだけの強度があるか、液状化の恐れはないのか、地盤を調べる必要があります。

地盤調査の結果、強度不足やリスクが高いという結果になった場合には、地中に杭を埋め地盤を改良する工事を行わなければいけません。

軟弱な地盤ほど改良工事費用が高額となりますが、ここで費用を削減してしまうと、数年後に家が傾く危険性や、地面から水が噴き出してしまう恐れもあります。

改良工事には、セメントで地盤を強化する「表層改良工法」、セメントを流し杭を打つ「柱状改良工法」、地中深く杭を打ち込む「鋼管杭工法」という方法が一般的です。

地盤により異なりますが、工事費用は1坪あたり3~8万円程度になります。

地盤改良費用を抑えるためには、土地を購入する前に地盤を調査したり、ハザードマップを確認しましょう。

ポイント2.住宅保証

できるだけ長く住むためには、メンテナンスや修繕が欠かせません。

家を建てた後、不具合や痛みがあった場合は素早く修繕する必要があります。

一般的に、住宅に瑕疵(欠陥や傷)があった場合、施工した業者は瑕疵担保責任という欠陥に対し修繕や損害賠償などの責任を負う義務があります。

施工会社が負う瑕疵担保責任とは以下のような法律です。

瑕疵担保責任とは

契約の目的物に瑕疵(欠陥)があった場合に、これを補修したり、瑕疵によって生じた損害を賠償したりする責任のことをいいます。

引用 住まいを守る法律|国土交通省住宅局住宅生産課

このように、建てた家に何かあった場合には施工会社が修繕責任を負うという法律があります。

しかし、この法律で定められている保証期間は10年ですが、施工会社によっては延長料を支払えば60年間に保証期間を延ばすことができます。

施工会社によって保証期間が延長されているだけでなく、欠陥がなくても点検にきてくれたりする保証サービスを申し込むことが可能です。

ポイント3.断熱材

断熱材には様々な種類があり、製品によって断熱性が異なります。

断熱材は壁の中にあるため、普段は目にすることがありませんが、性能にこだわらないと数年後に問題が生じる恐れがあることを知っておきましょう。

例えば、グラスウールは安価な断熱材ですが湿気に弱いためカビが発生しやすくなります。

グラスウールの性質を向上させるためには、壁からずれ落ちないように、しっかりと固定しなければいけません。

また、壁に吹き付けて膨らむ断熱材の硬質ウレタンフォームは接着強度が高いため、結露しにくいという特徴がありますが、費用は高くなります。

また、硬質ウレタンフォーム自体は不燃物質ではないため、燃えにくい材質を混ぜたり壁を不燃物質にしたりするなど、施工に工夫が必要な場合があります。

断熱材を使用することにより、冬は暖かく夏は涼しい家を造り、エアコンなどの光熱費を削減することができます。

まとめ

建築費用を抑えるためには、真四角な造りで部屋数が少ないシンプルな住まいがおすすめです。

使用する建材を減らすためには、間取りやドア数を減らすことや、複雑な構造を避けた方がいいでしょう。

しかし、いくらコストカットしたいとは言っても、地盤改良費や住宅保証、断熱材へ使う費用を削減してしまうと、数年後に家が傾いたり修繕費用が高くついてしまったりする恐れもあります。

家は建設して終わりではなく、数年後も快適に住み続けることを考えて設計しなければいけません。

数年後、家族構成がどう変わるか、家がどのように劣化していくのかを考慮し施工を注文していくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です