富士住建に悪い評判・口コミはある?坪単価や平屋の特徴、間取りの自由度まで教えます

富士住建のコンセプトは、「住む人が幸せになるための家」。

家を購入する側からすれば高い品質でありながら、なるべく負担のかからない価格であって欲しいと願うのは当然のこと。

富士住建はそんなお客さまの声に応えるべく、とことん追求して「完全フル装備の家」が提供されています。

そこで今回は、富士住建のこだわりを徹底解剖し、その特徴や気になる坪単価、評判などをご紹介します。

また、これからハウスメーカー選びを始めようとしている人に、1点だけ先にお伝えしておきたいことがあります。

それは、ハウスメーカーを選ぶ際には、事前の情報収集がもっとも重要であるということ。

CMでよく見かけるハウスメーカーや、たまたま住宅展示場で見て気に入ったハウスメーカーがあった際に、しっかりと比較しないまま依頼をしてしまう人がいますが、絶対にやめましょう。

最初から偏見をもって選んだハウスメーカーや、しっかりと比較していない段階で良いと感じたハウスメーカーを勢いで選んだ人の大半は、後悔することになってしまいます。

住宅の購入は人生で一番高額な買い物ですから、焦らずしっかりと時間をかけて、依頼するハウスメーカー選びをしましょう。

とはいえ、日本には本当にたくさんの住宅メーカーがありますから、すべてを1つずつ検討することは不可能です。

そこで活用して欲しい便利なツールが、東証一部上場企業の株式会社LIFULLが運営する「カタログ一括請求サービス」です。

ローコスト住宅や二世帯住宅、輸入住宅など自分達の条件にあったテーマや、予算、地域を選ぶことで、条件にあったハウスメーカーが自動的にピックアップされます。

ピックアップされた会社の中から、資料請求をしたい会社にチェックを入れることで、複数社からまとめてカタログを取り寄せられるのです。

条件にあったハウスメーカーを探す手間も、1社ごとにいちいちカタログ請求をする手間も省けるので、ぜひ有効活用してみて下さい。

無料で利用できますし、カタログを請求したからといって、無理な営業電話などが来ることもないので、安心してくださいね。

LIFULL HOME`Sのカタログ請求サービスを見てみる⇒

それではここから、富士住建の評判や特徴について詳しく解説をしていきましょう!

富士住建ってどんな会社?

富士住建は埼玉県上尾市に本社を持つハウスメーカーです。

設立は1987年。

設立当初から富士住建では、「自由設計 完全フル装備の家」として販売を開始しています。

事業内容は、注文住宅の請負、住宅リフォーム、宅地の媒介。

富士住建はハウスメーカーでありながら社会貢献活動にも力を入れており、地域美化活動、寄付活動、植林活動、障碍者スポーツ支援、子育て応援など、幅広いCSR活動が展開されています。

このことから富士住建は単なるハウスメーカーという括りを飛び越えて、さまざまな社会地域での活動が行われていることがお分かりでしょう。

だからこそ、家づくりもお客さま第一に豊かな暮らしのお手伝いを、というこだわりが強く感じられるのです。

富士住建のこだわりを徹底解説!

では、具体的に富士住建のこだわりポイントは何かを見てまいりましょう。

富士住建の家づくりのこだわりは?

富士住建では高品質で適正な価格を実現するために、必要な設備は各メーカーとの年間契約で単価を抑えています。

そして、とことん無駄を省くことで経費削減を徹底。

例えば、モデルハウスを作らない、豪華なカタログを作らない、契約前の訪問営業なしなど、ハウスメーカーならば当たり前にされていることを富士住建では極力カット。

また家は、建てる前から完成までで終わるものではありません。

建てられてからの住み心地、安心感、ゆとりなどが大きく求められます。

その点富士住建では、「完全フル装備の家」として楽しい毎日の暮らしの提供に成功しているのです。

「完全フル装備の家」での4つのこだわり

1つ目は、驚くほどの完全フル装備であること。

どういうことかと言いますと、通常ならばオプションとなるような生活に欠かせない設備、備品が全て標準仕様。

例えば、対面式システムキッチン(4タイプから選択出来、カラーバリエーションも豊富)、大容量収納、食器乾燥機、選べるカーテン、全室LED照明、モニターホン、センターライト、エアコン各部屋1台ずつ、太陽光発電システムなどなど挙げればキリがないほど。

だから富士住建は、完全フル装備の家と自信を持って断言出来るという訳です。

2つ目は、外観から間取り全て自由設計であること。

3つ目は、長く安心して暮らせること。

最高等級は8項目。

耐震性(倒壊防止・損傷防止)、耐風性、劣化対策、維持管理対策、断熱等性能、一次エネルギー消費量、ホルムアルデヒド対策の8つです。

4つ目は、高品質で適正価格。

会社の方で無駄を省いてくれることは、購入する側にとって有り難いお話。

売上・利益を度外視した富士住建のこだわりは、強く高い信頼に繋がっています。

高い性能のラインナップ

富士住建のこだわりの1つ、長く安心して暮らせることの高い性能をもう少し詳しくご紹介します。

耐震性:強い構造体であるモノコック構造採用(面で支える)、強固な基礎(コンクリート+鉄筋の耐震ベタ基礎工法、補強されたコーナーハンチ)など

耐久性:アルミの雨どい、優れた外壁材・屋根材、通気工法(しっかりとした空気の通り道を作ることで結露による腐食・カビを防止)、キソパッキング工法(土台と基礎の間にも空気の通り道があり乾燥しやすい)など

防耐火性:屋根から外壁、内壁、バルコニーなど燃えにくい素材を採用

断熱性:高性能なグラスウール、樹脂サッシ、遮熱効果の高い窓ガラス

空気環境:24時間換気システム、全ての内装建材は最高等級F☆☆☆☆使用(ホルムアルデヒドの放射量が最少)

防犯:防犯のサッシ・ガラス、安心の2つの鍵連動ロックの玄関ドア、モニターフォン、センサーライトカメラ、電動シャッター、面格子など

最近では地震や災害が多くなっていますし、訳の分からない犯罪も増えており、何処で何が起こるか予想もつかない日本となっていますので、これから益々強い家づくりは必須。

富士住建の高さ際立つ性能で、安心と信頼が得られることでしょう。

資料を一括で請求してみる⇒

富士住建の坪単価はどれくらい?

坪単価の在り方は富士住建のこだわりにも通じますが、価格表示ではなく総額の価格表示となっているのが特徴です。

強いて富士住建の坪単価を提示するとすれば、通常40万円台でひのきを使った高級志向でも50~60万円台というもの。

他メーカーと比較しますと安い部類に入ります。

富士住建の展示場はどこにあるの?

さて、富士住建の展示場はどこにあるのか。

富士住建では、モデルハウスは作らないというこだわりがありますからモデルハウスは持っていません。

但し、ショールームはあります。

ですが、場所が関東圏のみとなっていますので、そこはウィークポイント。

それでは、ショールームの場所全てをご紹介しましょう。

埼玉・熊谷・所沢・川口・越谷・久喜・横浜・相模原・鎌倉・小田原・流山・千葉・船橋・成田・世田谷・国分寺・佐野・宇都宮・小山・水戸・つくば・前橋・高崎 計23ヶ所

関東圏でお近くにショールームがある方、富士住建の魅力的なショールームに足を運ばれてみてはいかがですか?

https://www.fujijuken.co.jp/showroom/index.php

富士住建の評判

富士住建に関する評判をまとめてお届けします。

良い評判

・住みやすさを重視した熱意ある説明が印象的
・理想のマイホームが安く手に入ると決断して良かった
・アフターサービスがしっかりしているので安心
・アフターサービスの社員の接客が良くしっかりしている
・自由設計、完全フル装備が魅力的
・すべての部屋にエアコンが付いているので子どもも喜んでいる
・構造・内装・設備など全てに充分満足
・基礎工事が丁寧でしっかりしている
・他メーカーでは考えられない低価格での充実仕様

標準設備の充実は富士住建の強味なので、そうしたところの評価はさすがに高いです。

悪い評判

・営業での住友住建側の態度が悪かった

・営業態度が横暴
・建設中にトラブルがあっても全く対応なし
・富士住建の社員教育に疑問
・設備を削っても価格は変わらない

富士住建こだわりの訪問営業をしないという方針からか、営業面での富士住建の評判はあまり良くありませんでした。

富士住建のアフターサービスって?

家を建てた後のアフターサービスは気になる所です。

富士住建では10年間保証や4回までの無料定期点検が実施されます。

4回というのは、完成後1ヶ月、6か月、1年、2年で、5回目3年目以降は有料点検です。

10年保証は、希望により10年以降の保証も相談に応じてくれます。

富士住建での公式サイトでは、このようなアフターサービスの問い合わせからショールームの予約、資料請求などが気軽に簡単に出来ます。

資料を一括で請求してみる⇒

富士住建のまとめ

完全フル装備の家は、富士住建の要なだけに充実している印象を受けます。

口コミの評判に置いて一点気になったのは、富士住建の対応のまずさが目立ったこと。

高品質であることや標準装備が多いこと、自由に設計出来る点は、かなりの高評価。

あるサイトにて富士住建で家を建てた方のアンケートによれば、友人・知人に紹介したいと思った人が何と90%以上となっていました。

総合的に見れば、富士住建は満足のいく家づくりが出来るのではないでしょうか。

ご興味を持たれた方は、是非富士住建の資料請求をされてみて下さい。

資料を一括で請求してみる⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です