ハシモトホームに悪い評判・口コミはある?坪単価や平屋の特徴、間取りの自由度まで教えます!

<記事の情報は、2021年7月1日時点のものです>

ハシモトホームは完全自由設計にこだわり、世界で一つだけの家族のための住まいをつくっています。

家族の「夢」「憧れ」「理想」を詰めた家はオーナー家族の現在だけではなく、10年・20年・30年後のことも考えた間取り。

経験豊富なプロの設計士がオーナーと家族の希望を一つ一つ形にしていくのです。

キッチン一つとってもそのデザインはオーナー次第。

家事スペースや収納の工夫をして使いやすく家事動線を考え抜いた住まいを実現。

家族全員が住み心地よく快適に過ごすことができるのです。

今回は実際にハシモトホームで家を建てた方の意見を交え、デメリット・メリットや坪単価について調べました。

ぜひ参考にしてください。

また、本文に入る前に、あなたに一つ質問です。

「注文住宅を建てる際に最も重要なことは何だと思いますか?」

資金計画や土地探し、理想の間取りやデザインなどを決めるなどを思い浮かべる人も多いと思います。

結論として、もっとも注文住宅を建てる上で大切なのは「住宅メーカー選び」です。

「住宅メーカー選び」ですべてが決まってしまうと言っても過言ではありません。

住宅メーカーの数が多すぎるがゆえに、深く考えずにCMなどで聞いたことのある大手に決めてしまったり、たまたま足を運んだ住宅展示場で見つけた会社に依頼してしまう人は少なくありません。

ただ、全国には多数の特徴をもった住宅メーカーが存在します。

多くの人が知っているいわゆる「ハウスメーカー」だけでなく、比較的低価格で依頼できる「工務店」、デザイン性や間取りの柔軟性が高い「設計事務所」など様々です。

十分に比較検討せず依頼する会社を決めてしまうと、「もっと安くてもっと条件にあう会社があったのに・・・」と、一生後悔することになりかねません。

 

「そんなことを言っても、無数にある住宅メーカーの中からピックアップして比較していくなんて不可能だよ・・・」

 

と感じる人もいるでしょう。

そういった人にぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業の「LIFULL」とリクルートが運営する「SUUMO」のカタログ一括請求サービスです。

↓ ハウスメーカーの一括請求はLIFULL ↓

↓ 工務店のカタログ一括請求はSUUMO ↓

あなたが家を建てる予定のエリアとこだわりの条件を選択するだけで、条件にあった住宅メーカーを自動でピックアップしてくれます。

自分で条件にあった会社を調べる必要がなく、どちらも完全に無料で利用できるので、簡単に比較検討すべき会社を見つけられます。

LIFULLは『ハウスメーカー』が中心、SUUMOは『工務店』を中心にカタログを取り寄せられるので、どちらも併用することでより理想に近い住宅メーカーに出会える可能性が高まります。

また、カタログを請求する時のポイントは、「有名・無名などで選り好みせず、ひとまず条件にマッチした会社のカタログは取り寄せてみる」ことです。

まったく聞いたことの無かった会社の中に、求めていた条件とぴったり一致する会社があったという人も珍しくありません。

条件に合った会社を0からピックアップする手間は無くして、取り寄せた会社の中からあなたの理想にマッチした会社をしっかり比較検討することで、後悔しないマイホームづくりが実現できますよ。

HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる⇒

それではここから、本文に入っていきます。

ハシモトホームで家を建てた人の評判を知りたい?

それではここから、ハシモトホーム住宅の評判や口コミについて紹介をしていきます。

ハシモトホームのリアルな悪い評判・口コミ

ハシモトホームといえば完全自由設計で高品質な住まいを手頃な価格で提供していることが有名です。

様々な評判の中で、悪い評判を分かりやすくまとめました。

・担当に優劣があるように思います。

何度ヒアリングいただいても希望のデザインに近づかなかったので別の方に変更してもらいました。

すぐに希望のものに仕上がりました。

相性があるのは仕方ないかもしれません。

・完全自由設計なので仕方ないのかもしれませんが、総額が見えるまでに時間がかかりました。

予定よりも掛かってしまい、月々の支払いを調整するなどの工夫が必要になりました。

もう少し早く総額が分かるようなシステムがあればと思います。

ハシモトホームのリアルな良い評判・口コミ

次に、ハシモトホームで家を建築した方の良い評判と口コミをまとめました。

・この価格で注文住宅が手に入るとは思っていませんでした。

広告上だけかと思えば、本当に0から全て希望通りにデザインできるシステムです。

あまりに選択肢が多くて初めは戸惑いましたが、私達の下手な説明でもしっかりと希望を形にしてくれました。

・家族の動線を考慮した間取りにしました。

素晴らしい提案力で、思いもよらなかった収納や動線を考えてくれました。

間取りを見ただけでも驚きましたが、実際に完成した住まいに暮らしてみて、その家事動線のスムーズさに再度感動しました。

以前はマンションに暮らしていたので今より狭い間取りだったのに、現在の住まいの方が家事の時間が減りました。

・家づくりは子供の頃から夢に見ていたので、たくさん希望がありました。

あまりに理想が固まりすぎていて、形にしてもらうのが難しいかと思いましたが、予算内でその理想を全て叶えてもらいました。

ここまで自由に希望を通させてくれるメーカーは他にないと思います。

・共働きと子供が多いこともあり、いつも家が散らかってしまうのが悩みでした。

その悩みを伝えると、リビングにも大きな収納を、他にも必要な箇所に十分な収納を設けてくれました。

また、子供たちが自分で片付けをしやすくなるような工夫もたくさんしていただき、おかげで家が散らかるということがなくなりました。

毎日散らかった家を見てストレスを感じていたので、日々の生活が想像以上に快適です。

いつ来客があっても問題のないような生活ができています。

・気密性と断熱性がよく、どの季節も家が心地良い温度です。

特に冬場のお風呂上がりや寝起きの寒さが解消され、家族が風邪を引くことも減りました。

ヒートショックの心配もなくなったので老後も安心です。

HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる⇒

ハシモトホームの強みやメリットを項目に分けて紹介!

こちらでは、ハシモトホームの強みやメリットを分かりやすく項目別に分類いたしました。

価格帯・坪単価

ハシモトホームの住宅の平均的な価格帯は30坪であれば1500万円〜2100万円前後

坪単価は50〜70万円となります。

完全自由設計でいて高品質な住まいの価格としては、低価格帯であると言えます。

デザイン性

ハシモトホームではオーナーと家族の希望を形にする完全自由設計で住まいづくりをしています。

その自由度の高さは経験豊富なプロの設計士による優れた提案力にあります。

その中でも現在人気の今時のデザインを紹介します。

対面キッチンとファミリーキッチン

対面キッチンは料理をしながらダイニングやリビングで過ごす家族を見守ることができます。

会話をしながら家事ができるという利点もあり、家族のコミュニケーションが円滑に進むキッチンです。

ファミリーキッチンはキッチンとダイニングスペースが横並び。

配膳と片付けが楽に行えることと、家族みんなで料理・片付けなどがしやすい間取りです。

リビング階段

階段をリビングに設けることで、朝・夜の時間帯には子供が成長してからも家族は自然と顔を合わせる機会が増えます。

家族の外出や帰宅を含め、お互いの気配を常に感じることができるという魅力があります。

大容量の収納

玄関収納庫・今まで以上に大容量なウォークインクローゼットにパントリーなどその他にも必要な箇所に必要以上の収納を用意。

忙しい日常の中でも室内の整頓が自然と行える住まいになります。

家事スペースの確保

洗面スペース・洗濯スペースと洗濯物干場の移動がスムーズに行われ、洗濯物の取り込み後の畳んで片付けるまでの作業の動線を一箇所に集めます。

それにより家事の中でも移動の多い洗濯の家事時間と負担が大幅に減らすことができるのです。

耐震性

ハシモトホームの住まいは木造軸組工法・ツーバイフォー工法・ツーバイシックス工法から工法をオーナーの希望や建築予定地や間取りによって選択可能。

どの工法でも強い耐震性を保っています。

木造軸組在来工法と金物工法

日本で古来より使われている木造軸組工法。

反りや狂いの少ない耐震性に優れた木材を独自の金物によって接合します。

在来の接合部に比べて木材を削らないために接合部が強固となり、高い耐震性があります。

また床には厚さ28mmの床パネルと、厚さ12mmのフローリング材を施工。

剛性の高い床を採用することにより水平方向への強度が上がり、地震はもちろんのこと台風などにも非常に強い住まいになります。

ツーバイフォー工法・ツーバイシックス工法

床と壁をパネル面でつなぎ、建物一体が構造体となります。

そのために台風や地震などの外からの力を面で受けて分散。

地震の力を一点に集中させないために家屋の倒壊や損傷を防ぐことができるのです。

建築予定地に適した基礎

一般的には地面を全面コンクリートで覆うベタ基礎が一番強いと言われていますが、強い地盤が確保されている場合、そこまでは不必要な場合もあります。

ハシモトホームでは、オーナーの建築予定地に合わせた基礎を選択し、最良の方法で地盤を固めます。

TRCダンパー

搭載している制震ゴムダンパーは、木造住宅用の中では世界最高水準。

特殊粘弾性ゴムを伸び縮みさせることで地震エネルギーを熱エネルギーに変換し吸収、震度6の地震の揺れを最大20%~50%程度減少させる効果があります。

断熱性・機密性

365日快適な室温で暮らすことのできるハシモトホームの住まい。

その秘密は高い断熱性と気密性にあります。

その内容を調べました。

外壁のW断熱

通常はどちらかに限られる内断熱と外断熱を両方採用。

その断熱材は通常の工法に比べて最大1.6倍もの厚さを保持。

非常に高い断熱性が保たれています。

屋根・天井の断熱

屋根と天井にも内断熱と外断熱の両方を採用。

グラスウールにて通常の1.5倍以上の厚さを確保しています。

夏の日差しからくる暑い熱を天井裏に蓄えてしまうこともありません。

保証・アフターサポート

家を建てた後にも長いお付き合いを約束しているハシモトホームでは、建築後もずっと安心した生活をすることが可能。

その万全の保証とサポートを紹介します。

最長30年間の延長保証システム

構造躯体保証(建物の基礎・土台・柱・梁・床など)防水保証(屋根・外壁・ベランダなど)防蟻保証について通常5~10年間の保証を必要なメンテナンスを行うことにより最大30年間保証の延長が可能です。

地盤保証

地盤沈下による建物災害について20年間保証。

万が一の際にも家屋の損傷だけでなく、住まいの修復中の仮住まいの費用も保証されるのです。

構造・工法

ハシモトホームの構造は木造軸組工法・ツーバイフォー工法・ツーバイシックス工法から選択が可能です。

オーナーの希望や予算・間取りなどを加味して適した方法での建築ができるのです。

木造軸組工法

建物を柱と針で支える建築方法。

しっかりと乾燥された状態の複数の木材を積層状にした集成材を柱と梁に使用することで、建築後時間が経っても反りや狂いの発生しにくいようになっています。

ツーバイフォー工法・ツーバイシックス工法

面で支えるモノコック工法。

デザインの自由度が高く、大きな吹き抜けや窓の設置が可能です。

含水率19%以下の乾燥材を使用することで高い耐久性を保持。

気密性にも優れているだけでなく、リフォームも容易にできる可変性のある工法です。

HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる⇒

ハシモトホームの商品ラインナップ

ハシモトホームの代表的な取り扱い商品を紹介させていただきます。

サンデーラテハウス

女性が考えた「家づくりにあったらいいな」を形にした住まい。

家族みんなが笑顔になる暮らしができる家では、見せる収納と隠す収納を上手に使い分けることで家族全員が片付けや掃除のしやすい仕組みになっています。

特徴的なのはスムーズな家事動線。

一連の家事の流れを一箇所に集約し、作業時間を減らします。

日々の家事が楽になり、家族と過ごす時間を増やすことができるのです。

ZERO-CUBE

シンプルは箱型フォルムに正方形の窓を施し、個性的な外観になります。

無駄を削ぎ落としたデザインは広々とした室内空間も実現。

ビルトインガレージや屋上庭園・中二階など様々なアレンジが可能です。

ハシモトホームの建売住宅の特徴・強みまとめ

ハシモトホームの建売住宅は青森県・秋田県・岩手県を中心に用意されています。

HP上で最新の情報を確認できますが、会員になると限定の未公開物件情報をいち早くメールで受け取ることができますので、ご検討の際には無料の会員登録をお勧めします。

ハシモトホームの注文住宅を建てる時の10のステップ

ハシモトホームで注文住宅を建てる際の代表的な流れをまとめました。

1)家づくりのご相談・モデルハウス見学

情報収集をし、家族内で理想の暮らしを話し合います。

モデルハウスや見学会で実際の住まいを確認しましょう。

性能・設備の相談など様々な不安と疑問を解決しましょう。

住宅ローンの事前審査についてアドバイスもあります。

2)敷地調査

建築予定地の役所調査・測量調査を実施。

ご希望の場合は土地の紹介も受けられます。

3)建築申し込み・基本プランの打ち合わせ

ハシモトホームでの建築が決まりましたら建築申し込みをします。

その後は理想の住まいについて、希望をしっかりと伝えましょう。

敷地調査の結果から基本プランを決めていきます。

4)地盤調査

しっかりとした地盤調査を実施。

必要な場合は地盤改良を行います。

5)概算資金計画

提案されたプランの概算見積もりを受け取ります。

資金計画についての話し合いを行います。

6)ご契約

内容に納得できれば契約になります。

今後のスケジュールを話し合います。

7)間取りとプランの打ち合わせと決定

最終的なプラン完成に向けて打ち合わせを繰り返します。

内装・設備・電気関係の詳細を決定します。

8)着工

地鎮祭を行い着工します。

9)中間検査・完了検査

施工中には躯体検査などの多くの検査を実施。

その後確認検査期間が完了検査を実施します。

10)竣工・お引き渡し

最後に施主立会での検査を実施しお引き渡しになります。

アフターサポートの開始。

HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる⇒

ハシモトホームが開催中の住宅展示場まとめ

ハシモトホームの住宅展示場は全国に数多く用意されています。

住宅展示場一覧

青森県・岩手県・秋田県

ハシモトホームの会社情報

ハシモトホームの会社情報をまとめてみましたので、参考にどうぞ。

ハシモトホームの会社概要

会社名:株式会社ハシモトホーム

代表者:橋本 貞夫

設立:昭和52年11月7日

本社:青森県八戸市類家四丁目5番2号

事業内容:注文住宅・分譲住宅事業・不動産流通事業・アパートマンション店舗建設事業・中古住宅再生事業・リフォーム事業・エクステリア事業・建築材料流通事業

まとめ

ハシモトホームの住宅について、口コミや特徴をまとめました。

完全自由設計にこだわった住まいは、家族みんなの理想を全て形にします。

家事動線に配慮し、住み心地にもこだわった家では家族全員が快適に暮らせるに違いありません。

是非その高い性能と住み心地をお近くの住宅展示場でご確認ください。

HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ マイホーム購入で後悔しない為に! /