ナイスに悪い評判・口コミはある?坪単価や平屋の特徴、間取りの自由度まで教えます!

<記事の情報は、2021年7月1日時点のものです>

ナイスでは、未来を見つめオーナーと家族が長く安心して生活のできる住まいをつくっています。

そのためには家は強くなくてはいけないと考え、耐震性と耐久性にこだわった家づくりを実施。

その名も「パワーホーム」と呼ばれています。

更に住み心地にも重きをおいた住まいは気密性と断熱性も万全な対策を施され、1年中快適な温度で生活ができるようになっています。

家計にも地球にも優しいエコな暮らし。

ヒートショックの心配もなく、全ての年齢層で心地良い暮らしができるのです。

今回は実際にナイスで家を建てた方の意見を交え、デメリット・メリットや坪単価を紹介していきます。

ぜひ参考にしてください。

また、本文に入る前に、あなたに一つ質問です。

「注文住宅を建てる際に最も重要なことは何だと思いますか?」

資金計画や土地探し、理想の間取りやデザインなどを決めるなどを思い浮かべる人も多いと思います。

結論として、もっとも注文住宅を建てる上で大切なのは「住宅メーカー選び」です。

「住宅メーカー選び」ですべてが決まってしまうと言っても過言ではありません。

住宅メーカーの数が多すぎるがゆえに、深く考えずにCMなどで聞いたことのある大手に決めてしまったり、たまたま足を運んだ住宅展示場で見つけた会社に依頼してしまう人は少なくありません。

ただ、全国には多数の特徴をもった住宅メーカーが存在します。

多くの人が知っているいわゆる「ハウスメーカー」だけでなく、比較的低価格で依頼できる「工務店」、デザイン性や間取りの柔軟性が高い「設計事務所」など様々です。

十分に比較検討せず依頼する会社を決めてしまうと、「もっと安くてもっと条件にあう会社があったのに・・・」と、一生後悔することになりかねません。

 

「そんなことを言っても、無数にある住宅メーカーの中からピックアップして比較していくなんて不可能だよ・・・」

 

と感じる人もいるでしょう。

そういった人にぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業の「LIFULL」とリクルートが運営する「SUUMO」のカタログ一括請求サービスです。

↓ ハウスメーカーの一括請求はLIFULL ↓

↓ 工務店のカタログ一括請求はSUUMO ↓

あなたが家を建てる予定のエリアとこだわりの条件を選択するだけで、条件にあった住宅メーカーを自動でピックアップしてくれます。

自分で条件にあった会社を調べる必要がなく、どちらも完全に無料で利用できるので、簡単に比較検討すべき会社を見つけられます。

LIFULLは『ハウスメーカー』が中心、SUUMOは『工務店』を中心にカタログを取り寄せられるので、どちらも併用することでより理想に近い住宅メーカーに出会える可能性が高まります。

また、カタログを請求する時のポイントは、「有名・無名などで選り好みせず、ひとまず条件にマッチした会社のカタログは取り寄せてみる」ことです。

まったく聞いたことの無かった会社の中に、求めていた条件とぴったり一致する会社があったという人も珍しくありません。

条件に合った会社を0からピックアップする手間は無くして、取り寄せた会社の中からあなたの理想にマッチした会社をしっかり比較検討することで、後悔しないマイホームづくりが実現できますよ。

HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる⇒

それではここから、本文に入っていきます。

ナイスで家を建てた人の評判を知りたい?

それではここから、ナイスの注文住宅の評判や口コミについて紹介をしていきます。

ナイスのリアルな悪い評判・口コミ

ナイスといえば優れた素材を使った高い品質の住まいを低価格で提供していることが有名です。

様々な評判の中で、悪い評判を分かりやすくまとめました。

・営業の方に優劣があります。

社員教育がイマイチなのかもしれません。

我が家はモデルハウスで担当いただいた営業の方に好感を覚えたのですが、実施は別の担当が付き、その方とは上手くいきませんでした。

解約も考えましたが、担当の変更が可能だったので別の方に代わってもらいました。

次の方はとても親切で親身に対応いただき、結果的には満足できる家になりました。

・低価格で高品質に惹かれましたが、結局オプションを利用するとさほど低価格にはなりませんでした。

総額が見えにくく、予算オーバーをしてしまったのです。

もう少し分かりやすく総額を知れたら良かったと思います。

ナイスのリアルな良い評判・口コミ

次に、ナイスで家を建築した方の良い評判と口コミをまとめました。

・家づくりには思い入れがあり、夫婦でかなり細かい希望をたくさん出してしまいました。

それでも担当の方はどの要望にも対応してくれて、予算上厳しい要望については素晴らしい代案までもらえました。

おかげで何も我慢することもなく、全ての要望が叶えられた家は予算をオーバーすることもありませんでした。

・家事・育児がスムーズにできる合理的な間取りを希望しました。

家族の動線を考え抜いた間取りはとても快適で、家事がスムーズに進みます。

以前はマンションに暮らしていたので、住まいは広くなったはずなのに家事の時間が短くなりました。

また、子供たちがお手伝いをしたくなるような間取りという工夫も考えていただき、子供が本当にお手伝いを好んでするようになりました。

子供の成長を促すことのできる家なんだと思っています。

・最近は地球温暖化のためか災害が非常に増えたと思っています。

地震だけでなく、家族を守るには「強い家」が必要であると考えていました。

ナイスの家は耐震性も耐久性も高く、手頃な価格であることが決め手でした。

私の見たハウスメーカーの中では一番家の強さにこだわっていると思います。

大震災に向けてしっかりとした家を手に入れられたので、いざという時も我が家は大丈夫だろうという安心感を持つことができています。

・趣味を楽しめる家にしました。

1階には広いガレージを設けたのですが機密性が高いからかガレージも快適な温度に保たれています。

趣味の道具のメンテナンスは暑さ寒さに耐えていたので、そのストレスがなくなりますます趣味を楽しめるようになりました。

・いつも散らかりがちなリビングが嫌で、リビングはもちろんたくさんの収納を家中に設けました。

隠れた収納にしたので外からはあまり収納という感じがしません。

子供もお片付けが上手になり、リビングはいつもすっきりとした状態を保てるようになりました。

また、キッチンにも大きな隠し収納と、パントリーも用意したのでキッチンも常に整っています。

いつ来客があっても恥ずかしくない自慢の住まいになりました。

・開放的で大きな窓と吹き抜けのあるリビングにしました。

常に家族が自然と集まる空間は、真冬の窓際でも快適な温度です。

その断熱性と気密性には驚かされます。

電気代も大幅に減りました。

HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる⇒

ナイスの強みやメリットを項目に分けて紹介!

こちらでは、ナイスの強みやメリットを分かりやすく項目別に分類いたしました。

価格帯・坪単価

ナイスの住宅の平均的な価格帯は30坪であれば1000万円〜1500万円前後

坪単価は35〜50万円となります。

非常に手頃な価格で、強く高品質な住まいが手に入るというのが大きな特徴です。

デザイン性

オーナーの住み心地を最優先した考えでデザインを進めるナイスでは、家族のライフスタイルに合わせた家づくりが可能です。

特徴的なデザインを紹介します。

パワーキッチン

調理家電を備え付けの棚に全て収納。

高性能コックピット型のキッチンです。

レンジ・炊飯器・オーブンはもちろん、食器類や鍋などキッチンに必要なものは全てカウンター背面の棚に収まります。

振り向くだけで全ての道具が手に入るというだけでなく、スライド扉を閉めれば一瞬ですっきりとしたキッチンに早変わり。

突然の来客時にも慌てる必要はありません。

配線も整うので延長コードなどを使用する必要もなく、配線コードが剥き出しになることもありません。

パワークローゼット

家族全員の全ての季節の衣類や鞄・小物までも収納できる大きな収納。

衣替えの必要もなくなり、洗濯物の片付けも一部屋で完了。

家事の時短を実現させています。

家族それぞれのコーナーを設けたりベンチシートを置くスペースもあるのです。

パワー洗面

忙しい朝の洗面ラッシュを避けるために、2つの洗面ボウルを用意。

浴室には乾燥機、洗面室には物干しスペースがあるので洗濯も天候に左右されないのです。

パワークローゼットの横に洗面スペースを設けることで、更に洗濯動線がスムーズに進むのです。

間切が可変可能

外周を中心に耐震設計をしているライフでは、ライフスタイルに合わせて住まいの間切の変更が自由自在に行えます。

子供部屋を二つに分けたり、逆に大きなフロアに戻したり思いのままに間取りの変更ができるのです。

耐震性

地震大国である日本に必要なのは地震に強い家であると考えているナイスでは、万全の地震対策を行っています。

大切な家族と資産を守るための住まいについて詳しく調べました。

最高等級である耐震等級3

数百年に一度発生するような極めてまれに起こる地震の1.5倍の力に対して建物が倒壊・損壊しない強さを保持しています。

災害時に拠点となる病院・警察署・消防署と同等レベルの耐震強度です。

耐震性に優れた鉄筋コンクリート基礎

建物の重さをしっかりと支えられる基礎には鉄筋コンクリート基礎を採用。

基礎と土台はアンカーとなる独自の金物で強固に固定することで、台風や地震などの外からの力にも耐えられる強さを保持しているのです。

地震に強い地盤を調査

強い建物でも地盤が弱くては地震に耐えられません。

ナイスでは厳密な地盤調査と解析を行い、土地の強度に問題がある場合は地盤改良工事を実施。

地盤保証はお引き渡し後20年間にも及びます。

断熱性・機密性

高断熱・高気密なナイスの住まいでは、夏は涼しく冬暖かく暮らすことが可能。

最近の猛暑にも寒冷地での暮らしも考えた最高等級レベルの断熱性能を保持しているのです。

その内容を紹介します。

アルミ樹脂性複合サッシと複層ガラス

断熱性の妨げとなる窓には万全の対策を行っています。

外気の影響を受けにくいアルミ樹脂性複合サッシは結露も抑え騒音にも影響されません。

更にガラスにはLow-E複層ガラスを使用。

一般的なガラスに比べて2倍の断熱性能保持し、夏の日差しを70%遮断。

地球にも家族にも優しく、家計の負担も減らすことができるのです。

高性能グラスウールによる断熱

細い繊維状のガラスが絡み合っていることにより、熱を伝えにくくする断熱材、高性能グラスウールを採用。

通常の断熱材に比べて繊維が細かく本数が多いので高い断熱性が期待できます。

経年劣化が少なく、万が一の火災の際にも燃えない不燃素材です。

床下にはポリスチレンフォーム床下断熱材

底冷えの心配される床下には100mmもの厚さのあるポリスチレンフォーム床下断熱材を施します。

熱伝導が少なく結露も抑制。水が入りにくい素材なので断熱性能の劣化の心配もいりません。

保証・アフターサポート

業界トップクラスの最長60年間定期点検を実施しているナイス。

家は孫の代まで安心して暮らせるものでなくてはいけないと考えています。

その保証とサポート内容を調べました。

最長30年間の長期保証

ナイスでは構造体力状主要な部分((柱・梁・土台)雨水の侵入防止部分(屋根・雨樋・外壁)シロアリに対して、最長30年間もの保証を用意しています。

安心して長く暮らすことができるのです。

最長60年間の点検

最長60年間もの間、住まいの点検を実施。

住まいのトラブルに早い段階で対処することにより、大掛かりなメンテナンスの必要がなくなり、メンテナンスコストも抑えることができます。

ライフスタイルの変更に合わせたリフォームの相談も可能です。

構造・工法

ナイスでは耐震性を求めて独自に開発した「パワービルド工法」を採用。

専用の機械で構造計算を実施、プレカット加工まで行います。

非常に高い精度での加工が可能になるのです。

最新技術の「構造用集成材」を使用することにより木材の良さを生かしたまま強度と耐久性を保持。

更に接合部には高精度・高強度の「オリジナル専用金物」を使用。

車両などに使用されている部品と同等の強さと防錆性能があり、外からの強い力にも負けません。

地震や台風にも強い独自の工法なのです。

HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる⇒

ナイスの商品ラインナップ

ナイスの代表的な取り扱い商品を紹介させていただきます。

ロフトスリー住宅

3階建てのような小屋根裏収納のある住まい。

大きな収納があることで、普段あまり使わない荷物をまとめられ、家全体の収納を圧迫しません。

使い方は収納としてだけでなく、キッズスペースや書斎にすることも可能。

家族のライフスタイルに合わせて変幻自在です。

3階建て住宅

限られた敷地を隅まで有効利用。

リビングを2階に設ければ明るく開放的な空間も実現可能。

1階をガレージするなどの多くの間取りに対応できます。

ナイスの平屋住宅の特徴・強みまとめ

車椅子にも対応できるバリアフリー空間。

広い窓を設けても高い断熱性で家中は心地良い気温で保たれます。

耐震性にも優れた安心の住まいです。

ナイスの建売住宅の特徴・強みまとめ

ナイスの建売住宅は日本全国に数多く用意されております。

注文住宅と同様に高い性能を維持しており、手頃な価格でマイホームを手に入れることができます。

ナイスの注文住宅を建てる時の9のステップ

ナイスで注文住宅を建てる際の代表的な流れをまとめました。

1)家づくりのご相談・イベントへの参加

性能・設備の相談など様々な不安と疑問を解決します。

2)希望のヒアリング・プランニング

理想の住まいについて、希望をしっかりと伝えましょう。

優れた提案力で多彩なアイデアを生んでいきます。

3)概算資金計画

提案されたプランの概算見積もりを受け取ります。

資金計画についての話し合いを行います。

4)ご契約

内容に納得できれば契約になります。

今後のスケジュールを話し合います。

5)間取りとプランの打ち合わせと決定

最終的なプラン完成に向けて打ち合わせを繰り返します。

内装・設備・電気関係など詳細な部分を決めていきます。

6)地盤調査

決定した間取りをもとに地盤調査の実施。

必要に応じて地盤改良を行います。

20年間の地盤保証を受けられます。

7)着工

近隣への挨拶・地鎮祭後に着工します。

8)中間検査・完了検査

施工中には躯体検査などの多くの検査を実施。

その後確認検査期間が完了検査を実施します。

9)竣工・お引き渡し

最後に施主立会での検査を実施しお引き渡しになります。

アフターサポートの開始。

HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる⇒

ナイスの会社情報

ナイスの会社情報をまとめてみましたので、参考にどうぞ。

ナイスの会社概要

会社名:ナイス株式会社

代表者:杉田 理之

設立:平成19年4月17日

本社:神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4丁目33番1号

まとめ

ナイスの住宅について、口コミや特徴をまとめました。

高い性能と手頃な価格を両立しているナイスの住まい。

ナイスの住まいであれば家族は快適に安心して暮らすことが可能です。

是非そのデザインと高い性能をお近くの店舗にてご確認ください。

HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ マイホーム購入で後悔しない為に! /