建売住宅のおすすめオプションは?工事する際の考え方もあわせて紹介

基本的に完成品で売買される建売住宅。

購入したらすぐに住めそうなイメージです。

ところが、標準仕様の設備だけではとても住みにくい住宅となってしまいます。

より快適に住むためには設備をオプションで追加する必要があるのです。

ここでは建売住宅のオプションの傾向を調べたうえで、水回りや内装、外装でおすすめのオプションを紹介していきます。

建売住宅のオプションで知っておきたい5つの考え方

建売住宅ではオプションの設備が選べることは当たり前になってきました。

自分好みにできる一方で、本体価格に加えてオプション価格も負担することになります。

こうしたオプションに対する考え方をまとめてみました。

建売住宅のオプションについての傾向は以下の5つです。

  1. 建売住宅は必要なものまでオプション化
  2. 結果予算オーバーの場合も
  3. 値引き交渉の材料としてもよい
  4. 後付けができないものから考えよう
  5. あとで取り付けても大丈夫なものもある

それぞれ見ていきましょう。

1.建売住宅は必要なものまでオプション化

建売住宅は安さも重要な要素です。

本体価格の安さを強調するためやコストダウンのために本来必要なものまでオプション扱いとなっている場合もあります。

カーテンレールなどはホームセンターでも購入できますが、生活にはなくてはならないもの。

引き渡し時についていると助かります。

激しいコストダウン競争がオプションを増加させているのです。

2.結果予算オーバーの場合も

オプションの怖いところ、それはつい予算オーバーしてしまうことです。

あれも欲しい、これもつけたいとオプションを増やしていくとあっという間に予算が増えていきます。

予算に余裕があれば問題ないものの、多くの人は限られた予算内で建売住宅を購入しているのです。

どのオプションをつけ、どれをあきらめるかを決めましょう。

際限なくオプションをつけると予算がいくらあっても足りません。

3.値引き交渉の材料としてもよい

オプションは自分でお金を出してつけるとは限りません。

値引き交渉の中で格安で取り付けてもらう、無料で取り付けてもらうことも可能です。

メーカー側もオプションの取り付けでの値引きは抵抗が少なくなります。

単純な価格の値引き交渉が難しくなったら、オプションを無料や格安でつけてもらいましょう。

意外とすんなり承諾してくれるものです。

4.後付けができないものから考えよう

オプションの基本的な考え方、それは後付けが難しいものを優先して設置することです。

値段の高いものはオプションとして設置して住宅ローンに組み込むこともできます。

後日の設置ではローンに組み込むことができません。

屋外の設備は工事の関係上、後付けをしようとすると大変です。

オプション選択の考え方として、新築時からつけておいたほうがよいものを優先しましょう。

5.あとで取り付けても大丈夫なものもある

オプションの中には、引き渡し後に自分で取り付けたほうがよいものもあります。

小窓のカーテンやロールスクリーンなどがその例です。

今はホームセンターに行けば多くの住宅設備が売っています。

こうしたものを活用して暮らしながら取り付けていってもよいのです。

コスト面ではDIYのほうが安くなります。

建売住宅にあると便利な水回りのオプション4選

キッチンやバス、洗面所といった水回りは生活のための設備が集中している場所です。

水回りに関するオプションが多いのもよくわかります。

これらの水回りにあると便利なオプションをみていきましょう。

多くの中から4つを選びました。

  1. 洗濯パン
  2. 吊戸棚
  3. 浴室乾燥機
  4. 収納付洗面化粧台

それぞれみていきましょう。

1.洗濯パン

洗濯機から漏水すること昔よりも少なくなりました。

それでもゼロではありません。

そんな漏水対策に洗濯パンは便利なオプションです。

洗濯機の水漏れには効果が高いものの、現在の洗濯機は大型化しています。

洗濯パンのサイズによっては洗濯機が入らない場合も。

洗濯パンや洗濯機のサイズを確認し、取り付けるようにしましょう。

2.吊戸棚

キッチンや洗面所の収納はあればあるほど助かります。

据え置きの戸棚やカラーボックスではスペースを取ってしまうもの。

新築時に吊戸棚を取り付けておくと便利です。

後付けでも設置可能なものの、別途工事が発生します。

吊戸棚はオプションとして取り付けるべき設備のひとつです。

3.浴室乾燥機

水分や湿気は住宅の大敵です。

特に浴室は家の中でも大量の水を使う場所。

そこを乾燥させることはとても重要です。

換気だけでなく、乾燥までしてくれる浴室乾燥機はうってつけの設備になります。

また、洗濯物を浴室内に干しておいて乾燥させることも可能です。

浴室の乾燥と洗濯物を一度に解決できる浴室乾燥機は優先順位の高い設備といえます。

4.収納付洗面化粧台

洗面所の洗面化粧台自体は標準装備として設置されています。

ただ、それの多くはスタンダードグレードのものです。

吊戸棚のところでもお話ししたように、洗面所の収納はたくさんあっても困ることはありません。

グレードの高い洗面化粧台は鏡面の裏や上部に収納を持つものもあります。

グレードアップが可能であれば、ぜひ検討したい設備です。

建売住宅にあると便利な室内設備のオプション3選

水回り以外にもあると便利な設備はいくつもあります。

電気関連のものが代表的です。

家電をはじめIT機器は電気がなくては始まりません。

他にもカーテンレールなど意外なものもオプション扱いとなっています。

建売住宅にあると便利な室内設備のオプションは次の3つです。

  1. コンセント・TVジャックの増設
  2. カーテンレール
  3. エアコン

ひとつずつお話しします。

1.コンセント・TVジャックの増設

コンセントはたくさん設置されていたほうが便利です。

建売住宅の場合、その数は必要最低限と考えられます。

TVジャックも同様です。

TVジャックはその場所によってTVの設置場所が制限されてしまいます。

コンセントやTVジャックの増設は1か所あたりの費用はそれほどかかりません。

タコ足配線になるくらいなら、リビングとダイニングのコンセントくらいは増やしておくことが賢明です。

2.カーテンレール

カーテンがないと外からの視線を遮ることができません。

視線を遮断するカーテンは生活必需品といえます。

カーテンを取り付けるカーテンレールも必須の設備です。

ただ、カーテンレールは量販店で購入することもできます。

カーテンと一緒に購入することも可能です。

オプションとして必須の設備ではないものの、生活を始めるまでには用意しておきましょう。

3.エアコン

夏の猛暑が年々厳しくなる日本では、エアコンは今やぜいたく品ではなく必需品です。

エアコンそのものがオプションとして用意されていることもあります。

エアコンを設置するには、エアコン用のコンセントとスリーブと呼ばれる排水溝を通す穴が必要です。

全室にこれらの設備があると理想的ですが、格安の建売住宅だとない場合もあります。

後付けするとエアコンの設置時に思わぬ費用がかかりますので最初の段階でとりつけることがおすすめです。

建売住宅にあると便利な外装のオプション4選

室内の装備や設備は自分でも取り付けられるものもあります。

ですが、屋外の設備になると話は別です。

外壁に穴を開けたり、配線を引いたりと思わぬ工事になります。

屋外の設備は新築の段階で追加しておくべきなのです。

そんな早い段階でつけておくべきオプションは以下の4つになります。

  1. 網戸・雨戸
  2. 格子
  3. 屋外用コンセント
  4. 人感センサー付きライト

それぞれ解説します。

1.網戸・雨戸

網戸や雨戸もオプションの建売住宅があります。

エアコンを主に使うとはいえ、網戸は窓を開ける場合の必需品です。

雨戸あるいはシャッターは台風などの雨風が強い日には重宝します。

いずれも後付けで取り付けるには面倒な工事が必要です。

生活の変化によって利用率は低下傾向にある両者ですが、あると便利な設備といえます。

2.格子

窓からの侵入防止のために一階の窓には格子を設置している住宅も多く見られます。

実際の侵入も防ぐことができますが、他に期待できるのは抑止効果です。

防犯意識の高い家だと思わせることで空き巣のターゲットから外す効果もあります。

格子設置自体はそれほど高いものではありません。

後付けも可能ですが、窓のサイズの問題や外壁に穴を開けるなどDIYでは少々レベルが高い部類になります。

3.屋外用コンセント

庭の手入れに電動の器具を使うこともあります。

ライトを設置するには外にもコンセントが必要です。

屋外用のコンセントはあると屋外での活動の幅が広がります。

配線や漏水防止の必要もあることから自分で行うのは現実的ではありません。

もしオプションにあれば取り付けておきましょう。

4.人感センサー付きライト

人感センサーで照明をつけるライトが人気です。

防犯のためにも電気代節約のためにも有効になります。

人感センサー自体はそれほど高価なものではありませんが、設置するには屋外用のコンセントがライトを設置する位置に必要です。

ソーラー発電する機種もあるものの、明るさにやや難があります。

建売住宅にあると便利な外構のオプション4選

庭や外構はどうしても後回しになる場合が多いもの。

カーポートや物置はあれば便利ですが、予算がそこまで回らないこともあります。

お金を貯めてから後付け、ということもなかなかできません。

外構は早い段階で取り付けておかないと結局何もしないで放置されてしまうのです。

そんな庭や外構であると便利なオプションは次の4つになります。

  1. カーポート
  2. 物置
  3. フェンス
  4. 遮熱塗装、汚れ防止塗装

順次お話しします。

1.カーポート

駐車場に屋根があると自動車の乗降時にとても便利です。

屋根があれば、そこに荷物を置いておくこともできます。

カーポートを設置するとそうした問題は解決可能です。

ですが、このカーポート、ときには100万円を超えるものもあります。

設置場所によっては、最初に設置しないと余計なコストもかかるのです。

オプションの中では高価な部類ですので、値引きの代わりに設置を要求してもよいでしょう。

2.物置

物置はホームセンターでも販売しており、そちらで購入し設置することもできます。

ただ、建物と一体となったようなタイプなどは量販店では購入できません。

市販されているものではなく、少し庭や建物にマッチしたものを欲しい場合はオプションで追加するほうがおすすめです。

3.フェンス

防犯の面からもフェンスは優先順位の高い設備です。

道路との高低差があって不要な場合も例外的にあるものの、基本的には必須の設備といえます。

今は外からの視線を遮るタイプよりも開放的な格子状ものが人気です。

また、ラティスのような木質のフェンスも需要があります。

フェンスは外構の中では最優先の設備です。

4.遮熱塗装、汚れ防止塗装

最後は塗装です。

通常の塗装よりも強固で耐用年数も長い塗装があります。

また、特に汚れがつきにくいのが光触媒の塗装です。

これらの塗装は値段が相応にしますし、これをしたところで見た目が変わるわけではありません。

しかし、長い目で見ると再塗装するまでの期間が長くなり、トータルコストでみればお得になるのです。

再塗装は10年以上行いません。

その間効力を発揮してくれるのは優れたコストパフォーマンスといえます。

まとめ

建売住宅はどうしても画一的になりがちです。

そのほうがメーカー側は安く建てやすいという事情もあります。

そんな中でオプションは自分の個性やこだわり、好みを出しやすいポイントです。

オプションを活用して少しでも住みやすい建売住宅にしましょう。

自分にあったオプション設備が必ずあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です