不動産証券化

その他

不動産ファンド会社の力 急成長の魅力を探る

 新興不動産ファンド会社が計画するJ―REITの行方に関心が集まっている。大手企業がスポンサーとなったREITが一通り上場を果たし、今後は資産運用規模500億円程度が主流になると見られるなか、市場の成長速度と規模拡大ペースがどのように変化するか気になるところだ。また、7月に新規上場した投資法人が公募価格を下回る初値が付いたことで、投資家心理が冷え、投資口価格が調整に入るなど新局面を迎えているが、そ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2005年8月1日