行政

その他

都営住宅指定管理/全26万戸の1割で試行/3年後に拡大も

 東京都都市整備局は、都営住宅の管理を効率的に行うため、来年4月から都営住宅に指定管理者制度を導入する。7月7日に北区の約1万4500戸と武蔵野市、三鷹市、西東京市の約1万1500戸の指定管理者の公募を開始した。期間は来年4月1日から2009年3月31日まで。都市整備局では「この3年間の実績を考慮し、指定管理者制度をさらに拡大するか見極めたい」とする。 ■民間のサービス力に期待  都市整備局は ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2005年8月1日