分譲

連載

建築家・碓井 民朗のマンションの常識・非常識(119)/天井高さ、安易に稼ぐな/14階建てと15階建てでは大きく異なる

 我が国の建築基準法や消防法では、共同住宅(アパートやマンション)において高さの節目でかなり厳しくなっています。地盤面から高さ31メートル、45メートル、60メートルとそれぞれの高さを超えますと、防災面で厳しくなり建築工事費が割高になります。昨今の分譲マンションで多いのが高さ45メートル以下で押さえている物件です。  この高さ45メートル以下のマンションには「14階建て」と「15階建て」の2種類が ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2005年8月1日