その他

連載

TOKYO不動産百景(7)/文化創造拠点「UDX秋葉原」/国際デザイン拠点に/観光拠点としての情報発信も

 秋葉原は第2次大戦後、世界に類を見ない電子部品の高度の集積を伴った電気街として成長を果たした。電子部品や家電から始まり、現在のIT社会を反映したパソコンや携帯電話に至るまで流行の最先端を走る。最近はアニメーションなど独自の「おたく文化」を形成する街へと変遷している。  これら世相を背景に秋葉原駅前地区再開発は着々と進む。  新たな国際デザイン拠点としての秋葉原構築を目指した「D―秋葉原」構想が着 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2005年8月1日