その他

連載

Why not?(243)/最高裁判決/幼児性強い大人が増加/重要な責任応力の判断

 埼玉県、東京都で4人の幼女が犠牲になった連続誘拐殺人事件で最高裁所は、誘拐、殺人罪などに問われ1、2審で死刑判決を受けた宮崎勤被告の弁論を11月22日に開くことを決めました。年内に死刑判決が言い渡される可能性が高いと思われます。最高裁は書面審理が中心ですが、死刑事件の場合は検察、弁護側双方の意見を聞く弁論を開くのが通例となっているからです。  1、2審では犯行時の被告の心理・精神状態が争点となり ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2005年8月1日