ハウス・住設

その他

旭化成/公団物件を建替え/東京初 容積率など変更

 旭化成ホームズは日本住宅公団(現・都市再生機構)が1964年に分譲した国領住宅(東京都調布市、7棟144戸)の一括建替えに着手する。公団・公社により建設された多くの分譲団地の建替えに共通する、都市計画法11条による一団地施設としての規制を廃止し、新たに地区整備計画をかけるための都市計画手続きを踏んだ。  これにより、地区環境の維持に配慮しながら現実に即した土地利用が可能となり、容積率などの変更を ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2005年8月8日