行政

その他

国交省/瑕疵保証のあり方で報告書/「担保期間10年に延長が適当」/保証制度の基本設計も提示

 国土交通省は3日、昨年6月から瑕疵保証期間の延長、瑕疵保証制度創設などを検討してきた「瑕疵保証のあり方に関する研究会」(金本良嗣座長、東京大学大学院経済研究科・公共政策大学院教授)の報告書をとりまとめた。  瑕疵担保期間の延長については、「工事目的物の基本性能に関する瑕疵は10年に延長することが適当。これに影響のない部分に関しては従来通り」とする一方、性能に影響する部位の特定と、当該部位に応じて ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2005年8月8日