その他

社説

人材活用制度の転換を

 学びもせず、就業もしないニートと呼ばれる若者が増加し、その対策が課題に上っている。生産人口の減少による人手不足とそれに伴う税収の減収が、ニートの増加に伴う大きな懸念だ。一方、08年以降、団塊の世代が大量に退職すると目されている。2年後には約750万人が60歳を迎える。これにより、各企業で社員としてのノウハウを持つ人材が第一線から身を引くことになる。  いま、企業の業績は回復傾向を示している。東京 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2005年8月8日