分譲

特集

戦後60年―新たな住文化の創造に向けて/ここまで変わった分譲マンション

 民間初の分譲マンションが登場したのが1956年。来年でちょうど50年になる。戦後の住宅不足を経て、昭和30年代から大量に供給され始め、同50年代前半には「億ション」が登場。その後、基本性能や仕様が飛躍的に進歩し、昨今の大量供給時代へと至っている。ここでは、大手デベロッパーの第1号分譲マンションに着目。現代のマンションと比較すると共に、マンションの将来像についても併せてまとめてみた。 ■主流は「 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2005年8月8日