分譲

特集

戦後60年―新たな住文化の創造に向けて/特別寄稿 住宅評論家・佐藤 美紀雄/建築家よ、個人住宅設計で再び燃えてくれ

 戦後60年というが、筆者が大学を卒業して出版社に入社して住宅雑誌の編集に配属されてから今日まで足掛け48年間、住宅ジャーナリズムの片隅から住宅業界のうつろいも眺めてきた。したがって、48年間を振り返って新時代への提言にしたい。  その提言とは「建築家よ、個人住宅設計で再び燃えてくれ」である。  昭和30年代から40年代初めにかけて、筆者は雑誌記者をして多くの建築家とお目にかかってきた。主な人たち ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2005年8月8日