賃貸管理

特集

戦後60年―新たな住文化の創造に向けて/賃貸不足は解消/「借家法」が改正に

 庶民の住まいは、賃貸住宅―。階級制度が明確だった江戸時代から、庶民は賃貸住宅で生活していた。太平洋戦争の敗戦後も住宅不足は加速された。大転換は、バブル崩壊後。不足していた住宅が供給過剰に転じ、賃貸経営はPMの時代を迎えている。  賃貸住宅が庶民の基本だった。それが、太平洋戦争の敗戦まで続いた。このため、1921(大正10)年に借主保護として「借家法」などが制定され借家権が生じた。しかし貸主の解約 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2005年8月8日