ハウス・住設

特集

2005年下半期の展望と課題/木造軸組住宅/リフォーム

■木造軸組住宅/プラス材料さまざま/国産材に注目集まる  戸建て持家の着工戸数は03年度に増加に転じたが04年度には早くもマイナスに転じた。大手住宅メーカーも04年度受注戸数をダウンさせた。05年度に入っても1進2退の状況が続いている。木造軸組住宅も同様であるが、木造には新しいフォローの風が吹き始めたのが強みだ。今後競争は激しさを増すのは必至であるが、この風を味方にできるかどうかが最大の関心事だ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2005年8月8日