不動産流通・売買・仲介, 不動産証券化

特集

2005年下半期の展望と課題/不動産流通/不動産証券化

■不動産流通/下期も「快走」続く  過去最高業績を更新する企業が相次ぐ不動産流通市場。団塊ジュニア世代が顧客として台頭してきたうえ、低金利や景気回復などが追い風となって、市場の「快走」は続いている。金融機関も不動産へ積極投資姿勢を続けている。この下半期には減損処理も最終局面を迎えるため、法人仲介もさらなる伸びが見込まれる。もうしばらく、この「快走」は続きそうだ。 ■現場では景気回復実感/低金利な ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2005年8月8日