行政, 住宅金融機構・都市機構

その他

商業・宅地を一体整備/UR千葉/TX「流山おおたかの森」駅前開発/「新市街地」地区/沿線開発着々と

 常磐新線「つくばエクスプレス」(TX)の開業を24日に控え、新駅を迎える県内沿線地域では、商業・学術施設の建設や宅地開発が急ピッチで進んでいる。県内5駅のうち、流山おおたかの森駅前の「新市街地地区」と柏たなか駅前の「柏北部東地区」計450ヘクタールについては、UR都市機構千葉地域支社が開発を手がけている。8年後の2013年度までの完成を目指す流山おおたかの森駅前の基盤整備の現状を見た。(柳 成根 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2005年8月22日