不動産証券化

連載

トップに聞く 勝ち抜くための事業戦略(8)/東誠不動産・山口 誠一郎社長/資産運用拡大とREIT上場

 好採算の不動産流動化部門が好調で東誠不動産の05年11月期の連結経常利益は27億2000万円の見通し。従来予想を約3億9000万円上回る(前期単独比80%増)。また、07年11月期中のJ―REIT参入も表明した。勝ち組への事業戦略を聞いた。  ―御社の特徴は  「不動産のあらゆる入口と出口に対応できる点だろう。開発からバリューアップ、エンド向け分譲、投資家向け販売、保有運営、ファンドアレンジ、ア ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2005年8月22日