住宅金融機構・都市機構

その他

住宅金融公庫が「フラット35」利用者調査

 住宅金融公庫は9日、「フラット35」住宅ローンの04年度利用者調査報告をまとめた。  報告では、同ローン利用者の特徴として、30歳代の利用者が過半数を占めることなどを指摘。毎月負担額の減少などを背景に、若年層の住宅取得機会の拡大に大きく貢献していると分析した。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2005年8月22日