その他

連載

「介護を受けながら住み続ける住まい」のあり方(3)/高齢者住宅財団―中間報告書から/早めの住替えで安心を

 早めの住み替えは、体力的に元気であり、住み替え先で新たな人間関係を築こうとする気力があるうちに、終の住処を定めたいというニーズから行われるものである。いわゆる「施設」ではなく「住宅」における生活スタイルを志向しながら、同時に、将来要介護状態になった時の安心の確保を期待する者が多いと考えられる。  早めの住み替えに対応する住まいには、有料老人ホームや高齢者向け優良賃貸住宅、シルバーハウジング等があ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2005年8月22日