不動産証券化

その他

証券化ビジネスへの挑戦 社長訪問(15)/ケネディクス・リート・マネジメント社長・宮島 大祐氏/投資家の目線でESP安定拡大

 「ケネディクス不動産投資法人」は今年7月21日、東証に上場を果たしたJ―REIT銘柄。29物件からのスタートで、その内訳はオフィスビル11棟、住宅17棟、商業施設1棟となる。上場時の運用資産規模は約610億8300万円だが、08年12月末までに2000億円以上に膨らますのが当面の目標だ。05年11月~06年4月の分配金は1万1893円を想定。しかし、「単に規模の拡大がREIT市場にとって最良とい ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2005年8月29日