不動産証券化

その他

建築物の解体・分別・再資源化研究で公開施工実験/建築研究所

 独立行政法人建築研究所は、2月24日から1週間にわたり、解体・分別をしやすいよう設計に工夫を施した枠組み壁工法による、試作棟の公開解体実験を行った。\n 建築物の解体・分別を容易にする設計・施工技術研究の一環として、社日本ツーバイフォー建築協会と共同で行ったもの。木造2階建ての試作棟を造って手解体で解体、解体のしやすさと要した時間、解体材の再資源化の可能性などを測定した。\n

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年3月13日