開発, 分譲

その他

6行と30億円/Cライン設定/ダイナシティ

 ダイナシティ(中山諭社長)は、UFJ銀行を主幹事とする金融機関6行と、30億円のコミットメントラインを設定した。竣工済み物件の取得のための契約で、金融機関からの融資を完成物件に限定したケースは少ない。\n 契約は、平成15年2月24日~平成16年2月23日までの1年間。参加金融機関は、UFJ銀行、泉州銀行、東京スター銀行、岐阜銀行、中京銀行、百十四銀行の6行。\n

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年3月13日