賃貸管理, 地域業者

特集

【賃貸特集】どう変わる賃貸住宅―激動期を迎えて/高齢者対応/使いやすい制度必要/受入れ形態は多彩に

 少子高齢化―日本の総人口は、4年後の07年に1億277万人とピークを迎え、以降、順次減少すると予測されている(総理府統計局)。当然、賃貸住宅の入居者も減少する。増加する高齢者へ住宅を提供することが、今後の賃貸住宅の経営を左右することになりそうだ。\n 高齢者人口は、00年が2187万人。05年で2500万人、2010年2812万人と着実に増加するとされ、高齢化社会の到来は間近にせまっている。\n ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年3月13日