行政

その他

国交省/都市機能を一体的整備/高齢者など円滑移動で新法

 新法「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律案(バリアフリー法)」が2月28日、閣議決定した。高齢者や障害者などの円滑な移動と建築物などの施設の円滑な利用を目指したもの。市町村が定める重点整備地区において、計画段階から高齢者や障害者などの参加を得て、同エリアでの一体的な整備の推進を目指している。住宅に関しては、駅からの経路が一体となった開発などが考えられる。 ■マンション付加価値化 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月6日