行政

その他

構造計算偽装/建替え費用低減へ/都市機構が計画を見直し

 国土交通省は、構造計算書偽装マンションの建て替え関連のコーディネート役を担うとされた独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)による建替プランニングについて、居住者負担の低減を最優先する考えを示し同機構に対し価格を抑制させたプランニングを求めた。建て替えが必要とされているマンションは、現在11地区にあるが、うち8地区から単価が低い民間施工の方が良いという声が出ていることなどに対応した。価格を抑えた ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月6日