ハウス・住設

その他

実物大実験で耐震性を実証/アイダ設計

 アイダ設計はこのほど、同社の主力分譲住宅「NEW BRAVO(ニュー・ブラーボ)」で行った実物大耐震実験の結果を発表した。  実験は耐震性実験と倒壊実験の2回に分けて実施。耐震性実験では震度7の振動を2回連続で与えたが、接合部の歪みなど構造的な損傷はなかったという。倒壊実験では、2階の床部分を引っ張り、倒れ方で得られたデータを収集した。  実験結果について同社は「室内のクロス割れなど軽微な損傷は ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月6日