団体

その他

日本FP協会/団塊世代の「セカンドライフ」意識調査/住まいは「現状の場所」8割

 NPO法人の日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会、加藤寛理事長)は、団塊世代の会社員470人を対象に実施した「セカンドライフ」に関する意識調査結果をまとめた。定年後の住まいについては、「今のまま」が6割近く、次いで「今の家をリフォームしたい・建て替えたい」が2割強を占めた。また、ファイナンシャル・プランナーに相談したいことのトップは「資産運用・配分」だった。  今回の調査は、団塊 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月6日