賃貸管理

連載

ボーダレス時代の異文化共生住宅(52)/第2部 異文化共生住宅の課題/もっと知りたい外国人事情/フィリピン人の賃貸借事情 その2/下宿屋にメイドさんがいるのはあたりまえ?

 フィリピンの大学に1997~99年の2年間、交換留学生して留学していた、現在ゲストハウスのサブマネージャーをしている佐藤さんが、当時の下宿屋(地方からの学生、会社員が主に利用)のようすについて話しをしてくれた。彼女が利用した下宿屋はサイドビジネスでやっている一般家庭の間貸しスタイルのものであったが、そこには田舎から呼び寄せられた遠い親戚の17歳の女の子が“お手伝い”として働いていた。女の子は年頃 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月6日