ハウス・住設

連載

住宅時評 トレンドを斬る(381)/グローバル戦略を本格化する東急ホーム/海外の新技術導入/国際標準の健康住宅目指す

 東急ホームのグローバル戦略が本格化してきた。このほど千葉県大網白里町の「季美の森」団地内にオープンした『ドイツ住宅』のモデルハウスが注目を集めている。  昨年6月にドイツのフラウンホーファー研究機構と業務提携、同研究機構の研究所の1つであるフラウンホーファー建築物理研究所と共同で建設したもので、ドイツの先進省エネ技術を導入している。  昨年9月には米国・ワシントン州の実業大学「ベイツ・テクニカ・ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月6日