行政

その他

中央防災会議/基本方針の素案を検討

 中央防災会議「災害被害を軽減する国民運動の推進に関する専門調査会」(座長・樋口公啓東京海上日動火災保険相談役)は3月1日、第3回会議を開き、「基本方針の作成に向けた骨子」案などを検討した。  同案では、個々人の自覚に根ざした自助が基本としつつ、地域コミュニティなどによる共助が必要であると指摘した。  住宅関連案では、木造住宅の耐震補強について、自治会やNPO、企業、自治体などの連携を重視し、面的 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月6日