行政

その他

国交省/「あんしん入居支援ネットワーク」/全宅連、全日、FRK、日管協が協力/今秋の稼動目指す/予算1億5000万円計画

 国土交通省は、「あんしん賃貸支援事業」に1億5000万円の予算を計上し、住宅弱者の安定入居を目指す。住宅セーフティネットの機能向上の一環として取り組むもの。これまで補助等がなかった民間賃貸住宅が対象。業界4団体、地方公共団体との協力で(財)高齢者住宅財団(立石真理事長)に弱者入居の登録賃貸住宅のデータベースを構築する。NPOやボランティア団体の協力により家主の安心感を高める。データベースを含めた ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月13日