行政

その他

一般賃貸住宅/家賃を見直し/都住宅公社

 東京都住宅供給公社は、2006年度の公社一般賃貸住宅(都民住宅を除く)の新規契約家賃(空家となった住宅への新規入居分家賃)を見直す。新規契約家賃の見直しは、02年の地方住宅供給公社法施行規則の改正に伴い、東京都住宅供給公社が新しい家賃改定ルールを定め、04年から毎年行っているもの。今回は平均504円の引き上げで、見直し率は0・9%。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月13日