地域業者

連載

ちばに生きる 不動産業の発展をめざして(8)/決算期に思うこと/汗と涙、闘志と研鑚の足跡/黒字目標も、多忙な3月に重い負担

 不動産業者にとって3月は特別な時期であり、賃貸シーズンのまっさかりであると同時に、3月末で決算をする会社も多い。普段の3倍以上も忙しい時に、何故決算まで背負いこまなければならないのかとうらめしくなるが、最近では決算を暇な時期にずらしている法人も少なくない。決算は難しいというより、わずらわしい。まちがいや勘違いは許されないし、細々とした仕分けが多くて、過度に正確さが要求される。  いつも思うことだ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月13日