資格・試験

連載

宅建試験/主要3分野過去問講座 基礎編(はじめに)

■過去問は繰り返される!  どんな試験でも過去問は重要視されている。  宅建試験は民法、建築基準法、宅建業法、税法など試験範囲は広い。しかし試験に出題されるのはそのうち不動産業者が業務を行う上で、また取引主任者が重要事項説明を行うに必要な知識についてだ。宅建試験の出題数は50問しかない。どうしても出題しなくてはならないものは限られる。過去7~8年間のうちにはほとんど1度は出題されている。  また ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月13日