ハウス・住設

その他

住環境研究所調べ/太陽光発電システム採用邸に関する実態調査/光熱費が一般住宅に比べ月額約1万4000円の削減

 積水化学工業・住宅カンパニーの調査・研究機関である住環境研究所(白崎明所長)はこのほど、「太陽光発電システム採用邸に関する実態調査」を行った。  対象は03年10月から04年9月にセキスイハイムの太陽光発電システム搭載住宅に入居したユーザーで、3367世帯。  調査では年間光熱費平均は、買電代12万1771円から売電代6万9696円を引いた5万2075円で、月額は4340円。一般的な戸建住宅の年 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月13日