行政

その他

信託法の改正案/10日、閣議決定

 信託法の改正案が10日、閣議決定された。同案は、法務大臣の諮問機関・法制審議会(会長・鳥居淳子成城大学教授)がまとめた改正要綱をもとに(1)受託者の義務等の内容を適切な要件により合理化(2)受益者の権利行使の実効性・機動性を高めるたための規律の整備(3)多様な信託の利用形態に対応する制度整備―が主な改正点といえそうだ。  (1)の適切な要件により合理化するという内容は、利益が相反する場合でも受益 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月13日