その他

連載

Why not?(270)/株主代表訴訟制度の合理化(商法改正7)/株主が自己や第三者の不正利益の提訴不適法

 株主代表訴訟とは、会社の取締役や監査役等の判断ミスや怠慢等によって会社に損害を与えた場合、株主が会社に代わって取締役等に対して訴訟を起こせるという制度です。手続は、株主はまず会社に対して問題を起こした取締役等の責任を追及するよう請求し、会社が60日以内に訴えを起こさなければ、株主がその取締役等を訴えることができます。今回、株主代表訴訟制度について重要な改正がありましたのでそのポイントを説明します ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月13日