不動産証券化

その他

新会社法施行とM&A/不動産業界への影響は軽微

 今年5月1日に新会社法が施行される。新会社法の主な特徴は、有限会社がなくなり株式会社に統合されるほか、合同会社という新しい会社形態が規定され、会社の機関設計の自由度も増す。株式会社の最低資本制度も撤廃される。そんな中、企業・投資家たちの共通の関心事は新会社法の施行によってM&A(企業の合併・買収)、敵対的買収が容易になる点だ。(中野淳記者)  新会社法の施行は、敵対的買収者が、被買収企業の経営権 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月20日