行政

その他

土壌汚染対策を急げ/豊島団地/都が敷地を対策地域に/発覚から1年後の対応

 東京都北区で、住宅・都市整備公団(現・都市再生機構)が72年から73年にかけて入居を募集した「豊島五丁目団地」(12棟・4959戸)の敷地内から国の基準値を大きく超える(最大230倍)ダイオキシン類が検出された問題で、東京都はこのほど団地敷地内の計約1・3ヘクタールをダイオキシン類対策特別措置法に基づく対策地域に指定した。問題発覚から1年近く経過しての措置で、現在対策地域にはビニールシートがかけ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月20日