その他

社説

【社説】問い直される業界基盤

 業界の基盤となる新法案や改正法案が相次いで国会に提出されている。新法である住生活基本法案は、少子高齢社会の急激な進展を背景に「量から質へ」の転換を促す。数年前から言われ続けていた質重視の姿勢を明記した法案だ。  改正法案では、建築基準法・建築士法が改正される。この改正案は、構造計算書の偽装が発覚したことに伴うものだ。偽装問題により、建築士資格という資格保持者のあり方だけでなく、指定検査機関や特定 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月20日