地域業者

連載

ちばに生きる 不動産業の発展をめざして(9)/住まいと文化/住む人で住まいは変わる/家を世話する仕事に大きな意義

 私達が業いとしている住宅産業・不動産業の仕事は、文化に密接に関わっており、重要な仕事でもある。文化というと大げさに聞こえるが、人が住み、生活し、活動した所には、文化の跡が残される。普通に生活している時にはそんな事は考えないが、人間が去った後や廃墟と化した跡を見れば、そこは住んでいた人の人柄や個性が感じられる。  私は海外に旅立つ時は成田国際空港を利用するが、この空港の敷地と私は浅からぬ因縁がある ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月20日