その他

特集

【土地の有効利用特集】遊休地の積極活用を/地価動向最前線“都心部はピーク”/大野地価研究所・大野 幸一所長

 量的金融緩和策も3月に解除された。これからはデフレ脱却へ向けた動きに注目が集まる。今年の公示地価は注目地点で軒並み上昇することが予測される中、大野地価研究所の大野幸一所長は、実勢地価について、「人気土地と並みの土地の格差は2倍に拡大した。これは異常だ」と指摘している。2006年の地価最前線の動向を同氏に分析してもらった。 ■周辺住宅地も上昇鮮明に/震源地  都心一等商業地は、1998年(平成 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月20日