不動産流通・売買・仲介

その他

東京ビル市況、安定回復/IDSS調べ/三鬼商事調べ

 生駒データサービスシステム(IDSS)はこのほど、これまで四半期ごとに発表していたオフィスマーケット動向を三大都市圏については毎月発表していくこととした。また、新たに東京23区と大阪市においては、特に市場優位性の高いビルを「Sクラスビル」として選定し、空室率を公表する。  同社調査による、06年2月の東京Sクラスビルの空室率は0・1%(前月比変化なし)と、極めて低水準の推移となっている。東京23 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月20日