分譲

その他

40年迎えたマンション市場 新時代へ(6)/不況支えた団塊ジュニア/3割が親の援助受ける/07年に第二の波

 バブル崩壊後の地価下落、不動産販売不況など業界を襲った氷河期を救ったのは、間違いなく団塊ジュニアだ。人口の1割近くを占めるこの層が住宅購入適齢期に入ったことで、ここ数年マンションの大量供給が維持された。しかし、団塊ジュニア後を心配する声も上がっている。  リクルート住宅総合研究所の発表によると、首都圏の新築マンション購入者のうち団塊ジュニアが占める割合は2000年に約11%だったのが、2004年 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月20日