分譲

その他

小田急不動産/、債権譲渡にともない特別損失2億5000万円を計上

 小田急不動産は、同社が管理委託する一括借上ビルの敷金回収に関する合意書の締結および敷金返還請求債権の譲渡を決議した。これにより同社敷金返還請求債権7億400万円を4億5400万円で譲渡し、譲渡損失額2億5000万円を特別損失に計上する。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月20日